広告

無頓着な松のショートエッセイ

いろんなことに無頓着な著者が、なんとなく思ったことをエッセイ風に書き連ねる雑記ブログです。何か感じるところがあったりしたら嬉しいですが、気軽に読んでもらったらと思います。


にほんブログ村 鳥ブログへ にほんブログ村 鳥ブログ セキセイインコへ にほんブログ村 写真ブログへ にほんブログ村 写真ブログ 今日撮った写真へ にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 40代サラリーマンへ ブログランキング・にほんブログ村へ

悠々自適のため、今は頑張る。

普段原付で出かけるとき、駐輪場に近い外階段を使って下まで降りるんですが、降りる途中で、隣の家(2階建)の庭や縁側が見えます。覗いているわけではないつもりなんですが、足元に気をつけながら降りているとどうしても目に入る。


そこでよく見かけるのは、住人の初老の男性です。ある日は庭の芝刈り、ある時は花の手入れ。ある時は縁側でのんびりお茶か何か飲んでいる。(こうしてみたら覗いていると指摘されても仕方ないかもしれませんが)、なんかいいなあと思って見てしまいます。


もちろんこのような暮らしができるのは、今の現役時代を頑張って過ごした後ではありますけど、今頑張って、将来はこのような暮らしを手に入れようと発奮する材料としては十分です。家は実家というものがありますから、あとは十分なお金を貯めたり、実家で暮らしていける道を見つければ良い。まあそれが極めて難しいんですけどね。ははは…


元々穏やかな暮らしというのにはすごく憧れてて、それが実家(田舎)志向にもつながっていたわけですが、少なくとも現役時代は何かしら頑張らないといけないのは当たり前のことなので、割り切って今は頑張ります。幸い、今の仕事はいろいろ解決策のアイディアを出せて楽しいし、テレワークというのも非常にストレスレスですからね。


ただ、花の手入れや庭いじり自体をやったことが全然なくて、そのスキルがないので、いざそのような生活になったとしても最初は見様見真似にならざるを得ず、元々得意なことというわけでもないので、最初に登場した隣人のように、のんびりした感じではできないでしょうねー。親が元気なうちに伝承できるといいんですが。