広告

無頓着な松のショートエッセイ

いろんなことに無頓着な著者が、なんとなく思ったことをエッセイ風に書き連ねる雑記ブログです。何か感じるところがあったりしたら嬉しいですが、気軽に読んでもらったらと思います。


にほんブログ村 鳥ブログへ にほんブログ村 鳥ブログ セキセイインコへ にほんブログ村 写真ブログへ にほんブログ村 写真ブログ 今日撮った写真へ にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 40代サラリーマンへ ブログランキング・にほんブログ村へ

UberEatsで飯を食った!

先日ポストを覗いたら、UberEatsからのクーポン券が入っていて、これまでUberEatsを使ったことがない人は750円引きのサービスを2回受けられるという結構魅惑の内容が書かれていました。車屋不動産ならともかく、食事で750円引きというのはかなり大きいですよね。それならということで早速アプリをダウンロードして利用してみました。


自宅に配達できるお店のリストが表示されるのですが、このご時世休業している店も多い。そこは残念ですがUberEatsの責任でもないので仕方ありません。結局適当な店とメニューを選んで注文しました。なんか手数料系が料金にやたら上乗せされた気がしますが、こちらにはクーポンがあるからへっちゃらです。で、注文したんですが、ここまできて「このメニューはご利用いただけません」というエラーが。だったら最初から言え!とツッコんだんですが、後で同じメニューを注文したらその時はすんなりいけたので、あれはなんだったんでしょうね。


注文が確定し、これから配達する人を募集するようですが、この雨の中、しかも場所がちょっと遠目だったからか、なかなか配達人が決まりません。そういうフェーズもアプリで分かるんですね。結局かなり時間がかかってお腹が空き、アプリから謝罪の言葉を受け取った後、配達してくれる神様が現れました。配達する人の名前(ハンドルネーム)も公開されるんですね。


UberEatsの場合、配達員が店に常駐しているわけではなく、募集に応じて自宅なりから店に行って商品を受け取るシステムなので、そこにちょっと時間がかかるのは避けられません。しかし今回は本当、配達員が決まるまでに時間がかかったので、そこは辛いところでした(商品はできているのでキャンセルも効かない)。


そしてついに配達員とご対面。現金での支払いだったのでそうなりました。配達員とのトラブルなんて話も聞きますが、今回は非常に丁寧な対応をされる方で、そこら辺は安心できました。配達員の対応についてフィードバックできるシステムもあり、速攻で高評価をつけました。で、予定より40分くらい遅れてようやく夕食にありつけたわけですが、味についてはUberEatsの責任の範疇にないので置いておくとして、いろいろいいところや悪いところも見えた経験でした。


いいところは、最低利用金額がないこと。一人暮らしだと、最低利用金額の設定があると、食べきれないほど注文するか、高いものを注文するかして、かなり割高な食事になってしまうんですが、それがないのはいいですね。それから、配達可能範囲が、店のオフィシャルでの配達より広い気がします。実際、某チェーンの配達可能範囲に我が家は入っていないのですが、UberEatsでは届けてくれるということになっていましたから。


悪いところは、やっぱり配達員がアサインできないことがあるところですねー。特に昨日みたいに天気が悪い日なんかは余計にでしょうね。それにさっきも書きましたが、配達員がアサインできなくても商品はできているわけだから、キャンセルも効かない。これは致命的な気がします。少なくとも、天気が悪い日はあまり使い勝手の良いサービスではないですね。


後気になったのは、自分も配達員になれること。好きな時だけ稼働できるということで、小遣い稼ぎにも良いかもしれないなーと思ったことでした。


ということでUberEats初体験の記録をお届けして参りましたが、もう何度も利用しているよという方も多いと思います。街で制服姿の人をよく見かけますしね。なので今更何を言ってるんだという方もおられるかもしれませんが、レイトアダプターの単なる感想として受け止めていただければ。