無頓着な松のショートエッセイ

いろんなことに無頓着な著者が、なんとなく思ったことをエッセイ風に書き連ねる雑記ブログです。何か感じるところがあったりしたら嬉しいですが、気軽に読んでもらったらと思います。


にほんブログ村 鳥ブログへ にほんブログ村 鳥ブログ セキセイインコへ にほんブログ村 写真ブログへ にほんブログ村 写真ブログ 今日撮った写真へ にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 40代サラリーマンへ ブログランキング・にほんブログ村へ

Webサイトを作ろうとしてみたが

どこかで誰かが書いていたのを見たんですが、インターネット黎明期の頃のユーザーは、多少なりともHTMLの知識と経験があって、それなりのWebサイトを作ることができるとありました。他ならぬ私もそのうちの一人で、Webサイト作成で飯を食うことはできないまでも、一応作ることはできます。

広告

 

始めてWebサイトというものを見たのが大学3年生の時だったでしょうか。その後大学の情報センター?からアカウントをもらって、見よう見まねで、これと言って内容のない自分のホームページを作ったもんです。当時は何を見てHTMLとか学んでいたのかとか覚えていませんが、詳しい友人に教えてもらったりして、毎日メンテナンスに励んでおりました。

ページの内容は、まあありがちな自己紹介とかそれくらいだったんですが、面白おかしく書いた日記を頻繁に更新してたので、私のブログ歴というとそれもカウントしないといけないかもしれないですね(笑)

また、掲示板やチャットを設置したりなんてこともしましたので、Webサービスを一から作ることはできないまでも(もちろんできる人もたくさんいます)、みんなcgi周りとかサーバ関係のことについての知識は少しはある、という世代であります。

今はHTML、CSS、Javescriptの三種の神器がWeb作成には必須という感じですが、CSSを初めて触ったのは就職してしばらくして、ソフトボールチームのWebサイトを作ろうと言うことになったときです。まあそのときはCSSを使うと言っても、打撃成績の表のうち、ヒットの所の背景をピンクにするとかその程度の事でしか使っていませんでしたけど。ただ、掲示板や出欠管理システムなんかを一から全部自作したので、PHPやデータベースについては少し詳しくなりました(大分忘れたけど)。

と、今になって、HTMLやCSS、Javascriptの勉強をして、それなりのWebサイトを作れるようになりたいなと思っています。一応同世代の皆様と同様に、少しだけ知識があるので、少しは取っつきやすいでしょう。Javascriptだけはほぼ一からの勉強になりますけど、簡単なところからやっていって。

と言っても、Webサイトを作って発信したいことがあるわけではなく、今は、買ったテキストに載ってるとおりにサンプルサイトを作成している訳ですが、いざ自分で作るとなると、どうしようかなって考えてしまいます。日記ならこのブログで十分だし。またソフトボールの記録をつけるとなっても、今はそれ用の便利なWebサービスはいくらでもあるし。

まあ企業なんかだと自社サイトを持つ意味もありましょうが、今個人でHTML打ってというのは、どういうサイトがあるんでしょうね。