広告

無頓着な松のショートエッセイ

いろんなことに無頓着な著者が、なんとなく思ったことをエッセイ風に書き連ねる雑記ブログです。何か感じるところがあったりしたら嬉しいですが、気軽に読んでもらったらと思います。


にほんブログ村 鳥ブログへ にほんブログ村 鳥ブログ セキセイインコへ にほんブログ村 写真ブログへ にほんブログ村 写真ブログ 今日撮った写真へ にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 40代サラリーマンへ ブログランキング・にほんブログ村へ

海の日特集〜海水浴より思い出に残っていること

明日は海の日ですね。実は何の祭日だったかは忘れてしまっていたのですが、一応休みだということは知っていました。現金なものです。特に海の日って割と新しい祭日ですよね。それだったら余計に覚えられないのも仕方ない所でしょう。

広告

 


ということで海についてなんですが、実家は山の中だったし、あんまり海って行ったことがないんですよね。子供の頃は、親戚のおじさんが連れて行ってくれたことがありましたが、正直なところあまり覚えていない。覚えているのは、ヒトデがいっぱいいて、たくさん捕まえて持って帰ったんですが、思い出すと可哀想なことをしたと本当に思います。飼うわけでも食べるわけでもないのに(そもそもどっちも無理)。


あとは小学生の時に臨海学校的なものに行った記憶がかすかにがあるのですが、海の思い出というとそれくらいで、中高になっても、海に行った覚えはありません。


海で一番思い出に残っているのは、大学に入ってすぐ、生まれて初めての合コンというものに行った時のことです。私が住んでいた寮の同じフロアの仲間で、某短大のやっぱり1年生と遊ぶということになって、楽しく飲み会、カラオケ、行ってきました。そこで2組ほどカップルができ(私ではない)、それは目出度かったのですが、まあそれはどうでもいい。思い出に残っているのは、その合コンで終電を逃した我々男性陣が(女性陣は徒歩なり自転車なりで帰った)、みんなで駅の近くの海辺で、なんとなくおしゃべりして始発を待った、そのなんというか青春感みたいなものです。


女性陣もいなくなり、酔いも覚めてきて、ちょっと静かなテンションになってきた中、入学してまだそんなに経ってなくて、お互いのこともまだ知らないことが多い中、いろいろ語れたのはたのしかったです。実際に何を語ったのかは覚えていないですけど、あのポツポツ喋る感じ、そして海の潮の香りが、なんかこれからの未知の大学生活に対するワクワクとあいまって、なんかとても心に残るものになりました。もう26年前の話になりますが、まだ覚えている光景、そして匂いです。


一方、海水浴というのは、大学の部活の合宿で行ったことがありますが、人生の中でも数えるくらいしか行ったことがなく、特に社会人になってからは全く行ったことがな…あ、スキューバダイビングは海水浴に含まれるのでしょうか。だったら行ったことあります。あれも楽しかったな。お金や時間の余裕があればまた行きたいですけどね。せっかくライセンス取ったし。