広告

無頓着な松のショートエッセイ

いろんなことに無頓着な著者が、なんとなく思ったことをエッセイ風に書き連ねる雑記ブログです。何か感じるところがあったりしたら嬉しいですが、気軽に読んでもらったらと思います。


にほんブログ村 鳥ブログへ にほんブログ村 鳥ブログ セキセイインコへ にほんブログ村 写真ブログへ にほんブログ村 写真ブログ 今日撮った写真へ にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 40代サラリーマンへ ブログランキング・にほんブログ村へ

スマホは悪くない。でも依存はマズイ。

もうずっとスマホ依存みたいになってるなーと自覚はしているのですが、改善はなかなかしないですねー。でも、仕事中や寝ている時はもちろんですが、少なくとも走っている時と坐禅を組んでる時はスマホをいじらないので(タイマーやGPSなど、補助的に使ってはいますが)、多少は画面を見てる時間は減ったかな。


とはいえ、スマホをいじることがそんなに悪いことだとも思ってなくて、例えば本が読みたくなったら、本の代わりに電子書籍がある、音楽を聴きたくなったらステレオやラジカセの代わりにプレイヤーがある、テレビやビデオを見ようと思ったら代わりに動画サイトやネット放送がある、新聞を読もうと思ったら代わりにニュースサイトやニュースアプリがある、ゲームしようと思ったらゲームも楽しめる、と、オールインワンになってるだけで、スマホを使ってやってることというのはきわめて普通のことなので、別にスマホばっかり使っててもそんなにおかしいことじゃないのかなって。


ただ、なんらかの理由でスマホが使えないようなシチュエーションになった場合に、大きな苦痛を味わうのは嫌だな、というのはあります。今は飛行機の中でも機内モードで使えるので、本を読んだりはできますが、離着陸時はダメでしょうから、その間が大きなストレスになるとか。


また、そのうちTOEICを受けますが、もし早く解き終わったら、時間までの間どうしようとか。スマホがいじれないから苦しい!とかなりたくないです。まあ、TOEICは時間が足りなくなるのが常なので、余計な心配かもしれませんが。例として。


また、以前の記事で書きましたが、以前ちょっと広場恐怖だったことがありまして、その影響もあって、電車やバスで移動中なんかは余計にスマホへの依存性が高まっているという面もあるかもしれません。


もう一つ、スマホ依存で嫌なのは、先に書いた読書とか、音楽鑑賞とか、SNSで友人とのやり取りとか、何かを主体的にやるならいいんですけど、例えば一回SNSに何かを投稿して、手持ち無沙汰にまかせて、その投稿に反応がないか、リロードを繰り返して見てみるとか、更新されているかわからない、いろんなSNSのタイムラインを繰り返し巡回するとか、そんなとき。何がしたいわけでもない、ただただいじってるだけ。


全ての時間を有効に活用しないといけないと気を張るのは疲れてしまいますし、多少は無駄な時間もあっていいと思いますが、それでもこんなことしてたら、自分でも何やってるんだろう、もっと他にやることないのかと思ってしまいます。


そんなわけで、スマホを使い倒すこと自体は別に悪いことじゃない、ただ、依存となるとちょっとまずいんじゃないか、と思うので、やっぱりたまにはスマホから離れる訓練はやったほうがいいのかな、と思う昨今です。