広告

無頓着な松のショートエッセイ

いろんなことに無頓着な著者が、なんとなく思ったことをエッセイ風に書き連ねる雑記ブログです。何か感じるところがあったりしたら嬉しいですが、気軽に読んでもらったらと思います。


にほんブログ村 鳥ブログへ にほんブログ村 鳥ブログ セキセイインコへ にほんブログ村 写真ブログへ にほんブログ村 写真ブログ 今日撮った写真へ にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 40代サラリーマンへ ブログランキング・にほんブログ村へ

習慣を変えるためには、時が来るのを待つのもいいかも

私は前は煙草を吸っていましたが、今は止めています。もう止めて5~6年になるでしょうか、今でも特に喫煙欲求もなく、普通に煙草のない人生を送ることが出来ています。そして、3月には、酒を止めました。まあこれは一生というわけではないですが、酒を飲まない日常にも慣れてきました。
 
どちらも、止めよう!と気合いを入れた時は大体失敗していて、なんとなく「これが最後になるのかな~」くらいに思ったときの方が成功しているというのが面白いです。気合いを入れて止めようとしたときは、まだまだ欲求がたくさんあって、それを無理矢理押しとどめようとしていたからうまく行かなかったのかなというふうに思っています。力を抜いて禁煙、禁酒したときというのは、心の底からちょっと止めようと思っているというか。
 
というのも、ここのところ帰宅途中にコンビニでおやつを買わなくなったんです。これもね、止めようとは思っていたんですよ。太る原因にもなるし、家計簿見たらそれなりに使ってるし。でも毎日自分と戦って戦って結局負けて、というのを繰り返し、苦虫をかみつぶしていたんです(とはいえ、一旦寄ると決めてしまえば、後は楽しく食べるわけですが)。
 
でも、いざ止めるとなると、全く苦しむこともなく、自分と戦うこともなく、まっすぐ帰っちゃう自分がいるんですね。今までの葛藤は何だったんだろうというくらい。結局これまでの煙草や酒と同じように、止めようという意思さえ諦めずに持っていれば、止め時というのは向こうから勝手にやってくるものなのかもしれません。ただそれまでの葛藤はなかなかに辛いものがありますけどね。
 
あ、もちろん、治療が必要な依存症はこれにはあてはまりません。適切な治療を受けてください。
 
これで、何か止めたい習慣を止める、というのは、仏教の考えも活用しながら大体できたわけですが、何か良い習慣を始める、というのも大事です。今のところ、寝る前の坐禅と、食事の後は直ぐに後片付けをするという習慣をつけようと頑張っています。こっちは自分から動かないといけないので、今はやっぱり頑張ってやっているのが実情ですが、これもそのうち自然とできるようになるものでしょうか。今のところはそんなに大事というか、時間や労力を食うものではないので、このままやっていけば大丈夫のような気はしますけどね。
 
とにかく、習慣も結構変えられるということを実感できたということは、もっと生活を良くすることができるという自信というか、安心というか、そういうものに繋がって、少し心穏やかになりました。