広告

無頓着な松のショートエッセイ

いろんなことに無頓着な著者が、なんとなく思ったことをエッセイ風に書き連ねる雑記ブログです。何か感じるところがあったりしたら嬉しいですが、気軽に読んでもらったらと思います。


にほんブログ村 鳥ブログへ にほんブログ村 鳥ブログ セキセイインコへ にほんブログ村 写真ブログへ にほんブログ村 写真ブログ 今日撮った写真へ にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 40代サラリーマンへ ブログランキング・にほんブログ村へ

いつかランニングに戻りたい

以前のランニング仲間から、駅伝大会に誘われました。でも、今は全く走れないので、申し訳ないけど辞退しました。応援は行くかもしれませんが。ランニングしてた時はみんなで走って飲んで、本当に楽しかったですねー。


十数年前、脂肪肝と言われたことをきっかけに、ランニングを始めました。その時は妙にやる気があって、ランニング雑誌を定期購読したりしてモチベーションを高め、毎日徐々に距離を伸ばしながら走力を上げていきました。


こうやって着実に取り組んでいけたのは、環境の助けが大きかったと思いますね。住んでいた寮の目の前に大きな団地があって、その周りの歩道が整備されていたので、走るのにはいいコースだったんです。距離も1周だいたい1.6kmといい感じ。この道をつかって鍛えていったのであります。


そのうち私も年齢を重ね、寮を出なければならなくなったのですが、寮を出て引っ越したアパートの近くには、ドンピシャの遊歩道があり、途中に信号があったりはするんですが、距離表示も埋め込んであるし、とっても良いコースでした。遊歩道というだけあり、道の脇には大きな木がずっと生えていて、春なんかだと本当に景色も良くて、気持ちよく走れる道でした。


そのアパートは結婚に伴って引き払ったのですが、結婚後に住んだところも、流石に遊歩道とはいきませんが、ランニングとかとは関係ない大きな施設があって、その周りは信号もないちょうどいいランニングコースとして使えていました。


そして今です。今は、走るのに適したコースが見つけられず、ランニングの練習するにあたってはこれまででいちばん不利な状況です。でも、普通の通りを走っている人もよく見かけるし、これで走れないといっても完全に言い訳ですね。


なんとかまた走れるようになりたいと思っているのですが、練習コースについては高望みせず、家の前の通りを、信号を守りながら走るというふうに決めてしまった方がいいのでしょうね。あとは時間の確保と体調および心理的ハードル。でも今は睡眠時間を含めて、しっかり体調管理をするということが大事なので、ちょっと新しいことはしない方がいいかもしれませんね。


でも、いつか走れるように、諦めずにやっていきたいと思います。昔定期購読していたランニング雑誌にも、「定年を機にランニング始めて、今はフルマラソンを何本も走る」なんて人も何人も載っていましたからね。自分も絶対できると思っています。あと、中学時代陸上部長距離ブロックに所属していた意地というか、存在証明のような気持ちもあります。