広告

無頓着な松のショートエッセイ

いろんなことに無頓着な著者が、なんとなく思ったことをエッセイ風に書き連ねる雑記ブログです。何か感じるところがあったりしたら嬉しいですが、気軽に読んでもらったらと思います。


にほんブログ村 鳥ブログへ にほんブログ村 鳥ブログ セキセイインコへ にほんブログ村 写真ブログへ にほんブログ村 写真ブログ 今日撮った写真へ にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 40代サラリーマンへ ブログランキング・にほんブログ村へ

見えないところでも一工夫

10連休が終わり、仕事が再開しましたが、実はまだ風邪?が治っておらず、薬を飲み飲み仕事しています。そんなわけですから、手放せないのがマスク。人に迷惑は掛けられないですし、マナー的な面もありますよね。
 
しかしこのマスク、久しぶりに着けてみたら、本当に着け心地が良くなっていたのでビックリしました。以前のマスクというと、しばらく着けていたら耳が痛くてしょうがなくて、非常に不快なモノでした。その後、「耳が痛くない」を謳った製品も出ましたが、やっぱりそれなりに痛いし、着け心地という意味ではやっぱりあまりいいものではありませんでした。
 
しかし今回買ったこのマスクは、本当に耳が痛くならない!それに、着けてるときのなんとも言えない不快感がないんですね。マスクって本当は嫌いなんですが、コレだったらずっと着けていられます。何気に、「内側」とか印字してあって、表裏を間違わないような気遣いもしてあるし、昨今の製品性能の向上というのはすごいなと思います。
 
このマスクについては、耳が痛いというような声はユーザーからメーカーにたくさん上がっていたのでしょうが、その他にも工夫はたくさんされてるはず。「内側」の表示もその例でしょう。そのマスクの話ではありませんが、細やかな気配りと言いましょうか、そんなところにまで気を遣ってるんだー、と驚いたのが昨日のテレビでした。
 
日本で暮らしている外国人が故郷に戻り、日本の技術やらなんやらで実家の問題を解決するという番組。そこで、おばあちゃんのために浴室を作ってあげたいという人がいて、宮大工の人たちが協力していたのですが、それを見ていて、ユーザーとしても気にもしないような所まで、ちゃんと気を配って作ってるんだな、と感心しました。水が流れ落ちるように風呂場の手すりの形を作り込んだりとか、他にもいろいろあったのは忘れてしまいましたが、そういう気づきみたいなのは苦手なところなので、素直に尊敬でした。
 
とはいえ、一応私もプログラマで、実態はないとはいえ、モノを作って商売している者ですので、こういう多角的な視点、こういう工夫を入れると便利だろうな、役に立つだろうなという考えはたくさん持っておくべきで、連休最終日に図らずも気合いを入れられました。実際連休明け初日、バッチリ気合いが入っているかどうかはアレですけど…