広告

無頓着な松のショートエッセイ

いろんなことに無頓着な著者が、なんとなく思ったことをエッセイ風に書き連ねる雑記ブログです。何か感じるところがあったりしたら嬉しいですが、気軽に読んでもらったらと思います。


にほんブログ村 鳥ブログへ にほんブログ村 鳥ブログ セキセイインコへ にほんブログ村 写真ブログへ にほんブログ村 写真ブログ 今日撮った写真へ にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 40代サラリーマンへ ブログランキング・にほんブログ村へ

43歳タイガー・ウッズ選手優勝

ゴルフのマスターズで、タイガー・ウッズ選手がマスターズで超久しぶりの勝利を挙げたということで、大いに驚いています。と同時に、1975年生まれの現在43歳ということを知って、私と一つしか変わらないんだーなんてことも思いました。

私の世代だと一つ上にイチロー選手がいて、同い年に松井秀喜選手や黒田博樹選手、そしてデレク・ジーター選手がいて、そして一つ下にタイガーウッズ選手がいて…と、錚々たる顔ぶれがいますが、これで「我々世代の誇り!」と言いたいわけじゃなくて、この歳になると心や体のメンテナンスも大変になってくるだろうに、本当によく頑張ったんだなーという感慨です。

まあプロスポーツ選手なんだから普通の人と比べるのも違うかもしれませんが、私もソフトボールしていて、体が動かないなーと嘆くことは多々あります。練習不足といわれればそれまでですが、それまでは練習ろくにしてなくてもちゃんとできてたんですよ。それが今はしっかり練習しないとできない。それだけ、パフォーマンスを維持するだけでも難しくなってくるのが身にしみて分かっているわけです。

若いときに禁酒したときは3ヶ月で10kg痩せたのに、今回の禁酒では1ヶ月経っても全く痩せないですしね。これは年齢のせいだけとも言えないのかもしれませんけど。

なので、今回のウッズ選手の優勝、しかも一回日の目を見なくなってしまってからの復活優勝という偉業からは、その裏の底知れぬ努力が透けて見えて、それを大いに称えたいな、と、同世代としてはそう思うのです。ゴルフというのは比較的選手寿命が長い、年齢がいっても比較的戦える競技であるというのは知ってはいますが、それでもやっぱり尊敬してしまいます。

ところで、この世代になると、社会人としてはゴルフの一つもできないといけないみたいな暗黙の了解ってあるんですかね。なんか休日はゴルフって人がいっぱいいるんですが、私はやったことありません。

やってる人はめっちゃ面白いっていいますし、楽しさを否定するわけではないのですが、何と言ってもお金がかかるイメージがあって、やる気になれないのです。せっかくユニフォームや道具も揃えてあるので、もうしばらくソフトボールであがいてみる所存です。