広告

無頓着な松のショートエッセイ

いろんなことに無頓着な著者が、なんとなく思ったことをエッセイ風に書き連ねる雑記ブログです。何か感じるところがあったりしたら嬉しいですが、気軽に読んでもらったらと思います。


にほんブログ村 鳥ブログへ にほんブログ村 鳥ブログ セキセイインコへ にほんブログ村 写真ブログへ にほんブログ村 写真ブログ 今日撮った写真へ にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 40代サラリーマンへ ブログランキング・にほんブログ村へ

ラジオと歩んだ青春

昨日テレビを見ていたら、QUEENのブライアン・メイとロジャー・テイラーが出ていました。時々見かけるようになったとはいえ、ファンからするとやっぱり嬉しいものです(ジョン・ディーコンについてはもう諦めているし、彼の判断を尊重します)。

そう、QUEENのファンです。最近は映画のヒットもあり、QUEENのファンと言ったらにわか扱いされそうで、なかなか言い出せないのですが、結構好きで、以前はコピーバンドを組んで、ベースヴォーカルをやっていたこともあります。

そんな私が最初にQUEENの曲を聴いたのは中学生の時、ラジオでかかっていた「Don't Stop Me Now」でした。曲のどんな要素がどうとか、このフレーズがこうとか、細かいところは置いておいて、とにかくインパクトがあって、そこからQUEENを認識し、聴くようになりました。

当時は毎日ラジオを聴いていて、受験勉強も聴きながらしてて、聴きながら寝て、という感じでした。田舎だったから電波が悪く、毎日微妙なチューニングやラジカセの配置の妙が必要とされる環境だったものの、それでもラジオは欠かさず聴いていました。

ラジオで知ってファンになったアーティストは他にもいて、その筆頭はEarth, Wind and Fireですね。モーリス・ホワイトが亡くなったのは非常に悲しかったです。日本人で言えば、オールナイトニッポンのパーソナリティをやってたから知ったというアーティストが多いですね。福山雅治もそうです(まあ、この人についてはラジオ聴いてなくてもいずれ知ったでしょうけど)。他にも石川よしひろ、加藤いづみ、橘いずみ(現・榊いずみ)とか。

もちろん、他にもいろいろなアーティストや曲をラジオで知り、音楽への興味や知識もラジオで培ったので、今一応音楽やっている自分原点は間違いなくラジオにあります。大げさに言うと、ラジオと共にあった人生と言ってもいいかもしれません。受験勉強の供もラジオでしたし。

社会人になってからは、寮が二人部屋だったり、結婚生活が始まったりして、一人自由にラジオを楽しむ機会が減っているので、そうすると音楽シーンにめっきり疎くなってしまいました。今バンドでやってる曲とか、昔から好きなアーティストの曲しか聴かず、新しいインプットが最近全然ないですね。それもちょっと勿体ない話ですよね。

今はよく分からないですけどネットでラジオ的なものも結構あるようだし、通勤/帰宅途中にでも聴いて、いい音楽をインプットするようにしようかな。でも音楽だけじゃなくて、楽しいトークも求めます。私は贅沢なのです。