広告

無頓着な松のショートエッセイ

いろんなことに無頓着な著者が、なんとなく思ったことをエッセイ風に書き連ねる雑記ブログです。何か感じるところがあったりしたら嬉しいですが、気軽に読んでもらったらと思います。


にほんブログ村 鳥ブログへ にほんブログ村 鳥ブログ セキセイインコへ にほんブログ村 写真ブログへ にほんブログ村 写真ブログ 今日撮った写真へ にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 40代サラリーマンへ ブログランキング・にほんブログ村へ

初東京の思い出を辿る散歩旅を企画しました。

高校時代のこととか、大学受験で東京に初めて行ったときのこととかの記事を書いていたら、当時のことをいろいろ思い出してきました。受験したのは早稲田大学の理工学部(完全に記念受験!)でした。


前日に理工学部のキャンパスへの下見を済ませ、夕食や入浴も済ませて、あとは寝るだけとなったときにふと受験票を見てみたら、試験会場は理工学部のキャンパスじゃなくて本部キャンパスだった!なんてこととか。


この時はもちろんスマホの地図アプリなんてあるわけがないですから、どうやって本部キャンパスにたどり着けたのか、まったく覚えていません。また、駅は高田馬場から山手線に乗る、としか認識していなかったのに、試験が終わって帰るときに道がわからず人の流れに乗って行って着いたところは地下鉄の駅。そこからどうやって無事に帰れたのか覚えてません。


今東京に住んで考えられるのは、人の流れに乗って着いたのは地下鉄東西線の早稲田駅で、東西線の停車駅一覧を見たら高田馬場も載っていたので、とりあえずそれで高田馬場までは行くことができた、ということなんじゃないかなと。しかし、波乱万丈の東京旅行となりました。楽しかったです。試験はもちろん落ちましたが、そんなことはどうでもいいのです。


そんな風に、今東京に住んでみて、当時のことを思い出してみるのも楽しいものだと思いました。例えば、昼過ぎに東京駅に着き、そこから山手線で宿のある渋谷まで行ったんですが、山手線が空いてるのに驚きました。当時は山手線というと満員電車しか知らないですから。でも今なら、昼下がりならそりゃあ空いてるよ、となる。また、今なら東京から渋谷に行くのに山手線を使うというのも微妙。


あと、渋谷で泊まった宿の名前も思い出しました。なんか坂を登ったところにあったような気がするけど、どこなんだろ、そもそも今もあるんだろうか、と思って調べてみたら、今はもうないということが分かりましたが、そもそも現存するかどうかが分かっただけでもよかったし、どこにあったかが分かったことも嬉しかったです。今度跡地に行ってみようかな、なんて思ったりしました。


そういった感じで、当時の足跡を辿るツアーを開催してみたら面白いかもと思いました。と言っても、渋谷、高田馬場、早稲田だけだし、風景も全然覚えてないので、風景がどう変わったとかも分からないのですが、逆にそれくらい気軽なほうがいいのかも。


当時東京で何を食べたというのも、一食を除いて覚えてないのですが、唯一覚えてるのが、渋谷の屋台でラーメンを食べたこと。汁の黒さに驚愕しました。当時の足跡を辿るツアーを開催するとしたら、唯一のグルメとしては外せないところですが、さすがにもう渋谷に屋台のラーメン屋はないよなー。


最近暖かくなって、外歩きも気持ちよくなってきたので、そんなことを考えました。