広告

無頓着な松のショートエッセイ

いろんなことに無頓着な著者が、なんとなく思ったことをエッセイ風に書き連ねる雑記ブログです。何か感じるところがあったりしたら嬉しいですが、気軽に読んでもらったらと思います。


にほんブログ村 鳥ブログへ にほんブログ村 鳥ブログ セキセイインコへ にほんブログ村 写真ブログへ にほんブログ村 写真ブログ 今日撮った写真へ にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 40代サラリーマンへ ブログランキング・にほんブログ村へ

中央線ダイヤ乱れに思った私の初東京

今日は朝起きたら中央線が止まっているというニュースを真っ先に知り、少々慌てたものの、出勤には中央線に乗らざるを得ない私からしてみたら、とりあえず早めに家を出るくらいしか対応のしようもなく、腹をくくって支度しました。

妻は他の路線を使う選択肢がいくつかあったので、いろいろ悩んでいたようですが、その場その場の判断がことごとく裏目に出たそうで、悔しがっていました。もちろんこういう交通遅延ですから、遅刻も責められはしないのですが、判断ミスったーと言って悔しいと思う気持ちは分かります。自分も鉄オタの端くれなので、余計にプライドを傷つけられた気がしちゃうかもしれません。しょうもないことですけどね(^_^;

今日は国公立大学の入試の日だそうで、朝のドンピシャのタイミングでこんな事態をくらって、受験生の皆さんは大変でしたね。もちろん試験時間を繰り下げてくれたり、便宜は図ってはもらったでしょうが、メンタルに相当来ましたよね。自分ではどうしようもない逆境の中、よく頑張りました。お疲れ様でした。

自分の受験の時は、交通機関の不通や遅れはなかったものの、電車がめちゃくちゃ混んでいた覚えがあります。東京の私大と地方の国立を受験したのですが、地方の国立の時がすごかった。東京の私大の時も、路線と時間帯からして混んでなかった訳がないんですが、あまり覚えてないんですよね。

あ、そうそう。駅で改札係の駅員さんの見事な鋏さばきに驚いたことは覚えています。田舎の過疎地育ちにはまぶしい姿でした。カチカチカチカチ。そのときが私にとって初めての東京だったんですが、覚えているのはそれと、ラーメンの汁が黒くて驚いたことですね。もう25年以上前の、懐かしい話です。