広告

無頓着な松のショートエッセイ

いろんなことに無頓着な著者が、なんとなく思ったことをエッセイ風に書き連ねる雑記ブログです。何か感じるところがあったりしたら嬉しいですが、気軽に読んでもらったらと思います。


にほんブログ村 鳥ブログへ にほんブログ村 鳥ブログ セキセイインコへ にほんブログ村 写真ブログへ にほんブログ村 写真ブログ 今日撮った写真へ にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 40代サラリーマンへ ブログランキング・にほんブログ村へ

初めての体験からの生還(前編)

2018年12月4日、生まれて初めての体験をしました。全然それとは気づかなかったのですが、あとで判明してびっくりという感じです。今日はその顛末を書いていきたいと思います。
 
12月4日未明、いつものようにトイレに起きたのです。それは普通なのですが、用を済ましてまた寝ようとすると、心臓がバクバク言って、息が切れ切れなんです。その時はなんだろコレと思いながらもそのまままた寝てしまい、朝も普通に支度をして出勤しました。
 
しかし駅への道すがらや駅で乗り換えのために歩く途中、どうも胸焼けのような感じがしたり、背中が痛くなったり、なんか変な感じはしていたのです。そしてバスを降りて職場に入ろうとしたら激しい頭痛と倒れそうになるほどの目眩。コレはただ事じゃないと思いました。
 
それでもなんとか仕事を始めたのですが、みぞおちのあたりが痛く、腹も痛く、頭も痛く、なんか貧血みたいな症状もあり、なかなか仕事に集中できる状態にならない。それでもなんとか仕事していましたが、妻と相談もして、午後は早退して病院に行くことにしました。
 
最初は腹が痛いというのがメインの苦しみだったので、胃腸科かなと思ったのですが、問い合わせたら、まずは内科を受診してから、必要あれば専門科に紹介されるシステムだということで、まず内科へ。この時の病院への道中も、ちょっと歩くとフラフラするし息も切れてきついしで大変でした。
 
で、内科を受診したわけですが、これが大正解。内科の先生に洗いざらい話すと、胃腸ではなさそうだとピンと来たそうで、心臓系の検査をすることに。血液検査、心電図、レントゲンでした。心電図検査が終わった時、担当の人が「すごく心拍数多いですけど大丈夫ですか?」といってくれたのですが、普段から心拍数高めなので「大丈夫です大丈夫です」なんて言ってレントゲン室へ。撮影が終了したら強制車椅子からのベッドで安静指令。何事かと思ったら、くだんの内科の先生がやってきて、心電図を見たら、心房細動ですと。そのうえ脈拍が異常に多いですと。で、治療できる施設がある系列の大きな病院に移送されることになりました。久しぶりにストレッチャーに乗る羽目になりました。いきなり胃腸科に行っていたら、胃には異常がないということで見逃されていたかもしれません。ブラボー内科。