無頓着な松のショートエッセイ

いろんなことに無頓着な著者が、なんとなく思ったことをエッセイ風に書き連ねます。何か感じるところがあったりしたら嬉しいですが、気軽に読んでもらったらと思います。


にほんブログ村 鳥ブログへ にほんブログ村 鳥ブログ セキセイインコへ にほんブログ村 写真ブログへ にほんブログ村 写真ブログ 今日撮った写真へ にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 40代サラリーマンへ ブログランキング・にほんブログ村へ

趣味を語る~②ソフトボール

本格的にソフトボールを始めたのは大学からです。それまでも野球が好きでプレイしたかったのですが、なかなか自分のレベルや意識レベルの低さに合う所もなく、町内の地区対抗ソフトボール大会とか、高校の球技大会とかでプレイする程度でした。
 
大学に入ってからは、厳しい体育会の部もあれば、そこまで厳しくないサークルもありますから、何かしら自分に合ったチームが見つかるだろうとは思っていまして、実際、あるチームに入ったら随分居心地が良かった、ということで、卒業まで居座ることができました。サークルにしてはチャラチャラしたところがなく(かなりヤンチャではありましたが)、真面目にソフトボールに取り組んでいたのが良かったんだと思います。そのときの友人とは今でも付き合いはあるし、思い出はいろいろあります。
 
大学卒業してからは、初めての東京暮らしになったわけですが、会社の同期の紹介で、ちょっと離れたところのチームに入れてもらうことができ、そこでも随分長くプレイしました。埼玉に引っ越してからは、通うのが困難になったため自然と疎遠になってしまったのですが、とってもお世話になったチームです。一時期(30歳くらいの時かな)打撃が神がかっていたことがあって、市代表として神奈川県大会に出場して、そこでも打ったのはいい思い出ですね。あのときはホント打てばヒットという感じだった。
 
その後もSNSを利用したりして、引っ越した先でそれぞれチームを見つけ、この歳までプレイをしています。ただ、普段から鍛えてなくて、週末の試合の時だけやるという感じなので、体の衰えを感じるようになりました。イメージだと捕れているはずの打球も実際には捕れてなかったり。あーやだやだ。そのうえ目は白内障だし。
 
歳は関係ない、いくつになってもできるという人もいますが、それはあくまでちゃんと日々体を作っているからこそであって、ダラダラしていたらダメです。歳を取ってくると、スポーツって、如何に自分がチンタラしてきたかを如実に見せつけてくれるシビアなものなんだなあと思うようになりました。
 
ただ、そうはいっても自分よりずっと年上でも上手い人もたくさんいるわけで、追うべき背中はある。今からでも遅くないので、しっかり体が動くようトレーニングをしよう!と、思うことは多々あります。なかなか継続しないのが悩みどころです。如何に努力を継続するかはもう普遍の課題と言っていいですよね。いろいろノウハウをためていきたいところであります。