無頓着な松のショートエッセイ

いろんなことに無頓着な著者が、なんとなく思ったことをエッセイ風に書き連ねます。何か感じるところがあったりしたら嬉しいですが、気軽に読んでもらったらと思います。


にほんブログ村 鳥ブログへ にほんブログ村 鳥ブログ セキセイインコへ にほんブログ村 写真ブログへ にほんブログ村 写真ブログ 今日撮った写真へ にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 40代サラリーマンへ ブログランキング・にほんブログ村へ

気軽に勉強する。とにかくやることが大事。

勉強として本を読むことが結構あります。まあ仕事関係の勉強もあれば、単なる趣味のこともありますが、それなりに読んでいます。ただ、勉強だからと言ってあんまり完璧に読みこなそうとすると、あんまり上手く行かないかなという風に思い始めています。
 
というのも、最近勉強熱が高まっているのはいいのですが、書いてある内容を忘れたりすることが結構あるんですね。で、あの本の内容はどんなことが書いてあったか、というのを完璧に思い出せずに、ああー読んだ意味ねー!と落ち込んだりしていたのです。
 
ただ、何日に読んだ何という本の何ページには何が書いてあってどのように理解したか、ということをすぐにパッと思い出せなくても、意味が無いなんてことはないという経験をしまして、というのも、相変わらずすっかり忘れていたことを、別の本でそれに関連するトピックを読んだときに完璧に思い出せたからです。
 
勉強ってそんなもんじゃないか、とまでは言いませんし、例えば司法試験なんかだったら、これこれのことは何々の何ページに書いてあってとか、その文章の一字一句まで覚え込まないといけないんでしょうけど、自分のやってる勉強は、必要なときに頭で考える種になればいいわけで、それってちゃんと本を読み込んで考えて理解したら、ちゃんと深層記憶?のなかには入っているんだなと安心しました。
 
何にせよ一番ダメなのは、全か無か思考に陥って放り出してしまうことなので、その場では知識がついたとかそういう実感がいまいち湧いてなくても、ちゃんと読んだ自分を信じて、継続していくことが大事なのかなと思いました。と同時に、もっと気軽に向き合うことができれば、取り組むための心理的ハードルも下がるので、そういう意味でも、あんまり肩肘張りすぎずに頑張っていくことにします。