無頓着な松のショートエッセイ

いろんなことに無頓着な著者が、なんとなく思ったことをエッセイ風に書き連ねます。何か感じるところがあったりしたら嬉しいですが、気軽に読んでもらったらと思います。


にほんブログ村 鳥ブログへ にほんブログ村 鳥ブログ セキセイインコへ にほんブログ村 写真ブログへ にほんブログ村 写真ブログ 今日撮った写真へ にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 40代サラリーマンへ ブログランキング・にほんブログ村へ

40代の悩み?

ある日世間話をしていたら、バブルの頃はゴルフやらスキーやらみんなやってたよねーという話になり、うんうんと相槌を打っていたのだが、バブルの頃私はまだ貧乏学生だったのでどちらも全くやっていなかった。だけど、テレビなどで見聞きするに、そういうのが流行っているらしい、という認識はあった。


ただ一時期ほど騒がれなくなったとはいえ、ゴルフもスキーもそれなりに人気はあるようで、会社での雑談でよく話題になっていた。私も社会人になり、やろうと思えばできる環境にはなったのだが、あまりやりたいとは思わない、というか、どちらも結構お金がかかるので、そんな出費をしてまで、というのが正直なところである。


ただ、時々スキーはやってみたいと思うことがある。妻が昔スノボをよくやっていたということで、その時の話を聞くと、確かに旅情もあるし、温泉に入ったりといったことも含めて楽しむ旅行と捉えれば、それは楽しいなと思うようになった。


そもそもスキーはこれまでに2度しかやったことがない。1度目は高校の修学旅行、2度目は新入社員時代の慰安旅行であり、たった2度の経験な上にブランクが20年という縁の遠さであるため、今からやりたいと言ってもまともに楽しめるか非常に不安なのである。妻もブランク長いので、行くときは一緒にスクールに入って練習しようと言っているが、それでもどれだけできるか…


高校生の時も、新入社員の時も、1日かけてなんとか少しは滑れるようにはなったのだが、なんせ今は当時のように若くない。スポーツは定常的にやっているとはいえ、昔より怪我をしやすくなったりガタが来ている。こないだも生まれて初めての肉離れを経験したばかりだ。やっぱり怖気づいてしまうのである。


とはいえ、歳をとったから何もかも諦めてどんどん枯れていくというのもあまりに不毛である。定年後にジョギングを始めて、今やフルマラソンの常連という人だって沢山いる。40代なんてまだまだこれからなんでもできる、という気持ちもあるし、色々なことに対する好奇心もある。でもやっぱり金銭的健康的体力的なリスクを考えると〜、などと思いは揺れるのである。40代とはそういうお年頃なのかもしれないな、なんて思うのであった。


橘いずみ(現・榊いずみ)さんは、楽曲「ズレテル」で、「八十になっても悩んでるなんて、おじいちゃんそんな事言わないで」と歌ったが、きっと、どの年代でもそれなりに固有の悩みがあるのかなー、と思った。みなさんどうですか?悩んでますか?