無頓着な松のショートエッセイ

いろんなことに無頓着な著者が、なんとなく思ったことをエッセイ風に書き連ねる雑記ブログです。何か感じるところがあったりしたら嬉しいですが、気軽に読んでもらったらと思います。


にほんブログ村 鳥ブログへ にほんブログ村 鳥ブログ セキセイインコへ にほんブログ村 写真ブログへ にほんブログ村 写真ブログ 今日撮った写真へ にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 40代サラリーマンへ ブログランキング・にほんブログ村へ

猛暑の中の運動。辛いけど気持ちいいんだ。

ここのところ五月とは思えない暑さですね。北海道では40℃近くまで上がったとか。いつもニュースに出る高温の地方じゃなくて北海道で、というのはショッキングでした。

そんな中、私は昨日ソフトボールの試合に出場してきました。11時試合開始だったんですが、きつかったですね。出塁への意欲も失われれるというものです。でも打席に立ってしまえばどうしても打ちたくなるもので、結局暑さとか関係なくなり、後でヘトヘトになる、という感じでした。試合終了後は日陰から動きたくなかったですねー。

でも、なんとかヨロヨロと立ち上がってからスクーターに乗って帰り、冷房の効いた部屋でしばし休憩すると、すんごい気持ちよかったんですよね。汗はダラダラ出るし、体に力も入らない感じなんですけど、その脱力感みたいなのが心地よくて、あんまり健康には良くないのかもしれませんが、癖になりそうです。

ところで、ランニングを再開するのは、季候の良くなった時が良いよねと、寒い冬には思っていたのですが、この暑さだともうまた時期を逸してしまった、また秋まで待たなきゃいけないかな、なんて思っていたんです。暑い中走るのはハードルが高いって。

でも、これだけ気持ちいいんだったら、この暑い時期でも十分体調に気をつければ走れるんじゃないかと。もちろん他にも時間的な制約や体力的な制約もあり、もうこれでいつでも走れるぜーとはいかないわけではありますが、暑いから走るのヤダとは行かなくなったなーと思っております。というか、走らない言い訳が一つ減ったという感じですかね。

ただ、先にも書きましたとおり、この心地よい脱力のひとときが、本当に安全なのかは分からない、実は倒れる一歩手前だったということもあるかもしれませんので、今回の試合は試合なのでルールに則ってやるしかありませんでしたが、自分で調整できるランニングは、よくよく考えて安全にやらないといけないなとは思っています。帰った後の気持ちよさを求めるあまり限界まで頑張ってしまったりすることのないように。

そういえばアパートで一人暮らしの時は、夏に熱い風呂に入り、上がったら冷房がガンガン効いた部屋でビールを飲むのが楽しみで仕方なかったなー。あれものぼせて倒れてしまう一歩手前だったかもしれず、かなり危険なことをやっていたような気がします。

そういう前科があるので、もしこれから走るとしても、そういった意味でも無理はしないように気をつけたいと思います。

 

 

憂鬱な休日を乗り越えて

今日は日曜日、休日です。明日からまた仕事です。最近は、なんか休日があっという間に終わるような気がして、憂鬱だったりします。しばらく気を抜いていたら、あれ、もうこんな時間なの!?と愕然としたりします。そう、時計を見て憂鬱になることが多いですね。


仕事自体が嫌なわけでは決してなくて、眠気との戦いが辛いんですよね。デスクワークなので、ウトウトしちゃっても怒られるだけでそれほど実害はないっちゃあないんですが、それでも寝ちゃダメだと闘うわけですから、辛いことは辛いです。


そんな辛い仕事(いや、仕事は辛くない)が明日から始まるわけですが、休日の時間を気にしすぎるのはやめようと思いました。休日は、ああ、何もしないで貴重な休日の時間を浪費してしまったーと落ち込むパターンだと思ってたんですが、用事をこなしてたり遊んでいたりしても同じように時間は過ぎるし、結局何をして過ごしたかというのはあまり関係ないんじゃないかと思うようになったんです。


それなら、何をして過ごしたかを気にするんじゃなくて、とにかくその時々を心穏やかに過ごすことの方が、その後のためにいいんじゃないかと。何もしなくてもいいじゃないか、心身の疲れはその分取れてるだろう。ゲームにかまけててもいいじゃないか、きっとキャラも育っただろう。そんな心持ちで休日を過ごすようにしようと思いました。


結局、よっぽど大酒を飲むとか、スポーツをやり倒すとか、極端なことをしない限り、そんなに月曜日の体調が変わることはないんですから、あんまり日曜に気負ってもしょうがないと思うようになったんです。日曜の気分がフラットな方が、月曜の気分もフラットでいられるはず。自然体に戻ろう、そういう風に思いました。なるようにしかならないんだから。


ただ、一週間の始まりに向けて、日曜日の夜は、早めにご飯を食べて、ゆっくり風呂に浸かって、リラックスする時間を長くとるようにしています。これは続けていきたいところです。要は、どれだけ心穏やかな時間をたくさん取れるか、そのために、気にしなくていいことは気にしないでいよう、ということです。時は移りゆくもの、踏ん張らずに流れていきましょう、そういうことです。

ギターを弾いてみた。どれもこれももっと上手くなりたい!

先日なんとなくモニターを眺めていたら、「あなたも簡単に〇〇がギターで弾ける!」みたいな動画が上がっていたので、見てみました。引いている動画よTAB譜が載っている動画で、なぜか自分もこれなら出来そうな気がして、早速ギターを持ち出してやってみました。実際は、まあそんなに甘いものじゃなかったですけど、あ、こうやって弾けばいいのかと参考になったところもあって、見た意味は結構あったかなという感じでした。


そしたら久し振りにギターの弾き語りをやりたくなって、いろんな曲のコードが載っているサイト(楽器Meとか)を開いては、知っている曲を弾いて楽しんでいました。とは言っても、決してギターが上手なわけじゃなくて、ちゃんと押さえられてないコードがほとんどで、ミュートしまくりです。またコードの切り替えもスムーズに出来ず、曲がブチブチ途切れます。でもいいんです。自己満足だから。


私の本職はベースですが、ギターも歌ももっともっと上手くなりたいとは思っています。でも、やっぱり最優先はベースかな。スラップでメロディアスなベースとか、ジャズっぽいベースソロとかやってみたいですもん。今所属しているバンドにはほとんど必要ないですけどね。でもカッコいいのやってみたい。で、以前スラップベースの教則DVDを購入したりして(FチョッパーKOGAさんのです)、練習したことあるんですが、言われた通りにやっているつもりなのに、何か自分のやっていることが根本的に違うのか、全然いい音が出なくて、いくら一人で練習してもできる気がしなくて、これはもうお金を出して誰かに習い、何がおかしいのか指摘してもらうしかないと思っているところです。


ギターや歌についても、ちょっともう自分ではどうしたらいいか分からないので、習ってみたいのですが、流石にいっぺんには無理ですからねえ。人前で演奏することはないから、当分は自宅で弾いて満足するしかないですね。ギターはまだ慣れればもう少しはスムーズになりそうな気はしますが、できたらもうちょっとレベルアップして、「ギターも、やれと言われればそれなりにできるベーシスト」になれたらいいなとは思いますね。あと、もうちょっと言えばドラムもできるようになりたい(今も多少はできる)。もっと言うと鍵盤や管楽器だってやりたい。いやあ、どの楽器も楽しいんですよ、本当に。お金と時間をやりくりして、もっと充実した音楽生活を送れたらいいかなと思いますね。早弾きとかしてみたい。どうやってやってんのアレ?

習慣を変えるためには、時が来るのを待つのもいいかも

私は前は煙草を吸っていましたが、今は止めています。もう止めて5~6年になるでしょうか、今でも特に喫煙欲求もなく、普通に煙草のない人生を送ることが出来ています。そして、3月には、酒を止めました。まあこれは一生というわけではないですが、酒を飲まない日常にも慣れてきました。
 
どちらも、止めよう!と気合いを入れた時は大体失敗していて、なんとなく「これが最後になるのかな~」くらいに思ったときの方が成功しているというのが面白いです。気合いを入れて止めようとしたときは、まだまだ欲求がたくさんあって、それを無理矢理押しとどめようとしていたからうまく行かなかったのかなというふうに思っています。力を抜いて禁煙、禁酒したときというのは、心の底からちょっと止めようと思っているというか。
 
というのも、ここのところ帰宅途中にコンビニでおやつを買わなくなったんです。これもね、止めようとは思っていたんですよ。太る原因にもなるし、家計簿見たらそれなりに使ってるし。でも毎日自分と戦って戦って結局負けて、というのを繰り返し、苦虫をかみつぶしていたんです(とはいえ、一旦寄ると決めてしまえば、後は楽しく食べるわけですが)。
 
でも、いざ止めるとなると、全く苦しむこともなく、自分と戦うこともなく、まっすぐ帰っちゃう自分がいるんですね。今までの葛藤は何だったんだろうというくらい。結局これまでの煙草や酒と同じように、止めようという意思さえ諦めずに持っていれば、止め時というのは向こうから勝手にやってくるものなのかもしれません。ただそれまでの葛藤はなかなかに辛いものがありますけどね。
 
あ、もちろん、治療が必要な依存症はこれにはあてはまりません。適切な治療を受けてください。
 
これで、何か止めたい習慣を止める、というのは、仏教の考えも活用しながら大体できたわけですが、何か良い習慣を始める、というのも大事です。今のところ、寝る前の坐禅と、食事の後は直ぐに後片付けをするという習慣をつけようと頑張っています。こっちは自分から動かないといけないので、今はやっぱり頑張ってやっているのが実情ですが、これもそのうち自然とできるようになるものでしょうか。今のところはそんなに大事というか、時間や労力を食うものではないので、このままやっていけば大丈夫のような気はしますけどね。
 
とにかく、習慣も結構変えられるということを実感できたということは、もっと生活を良くすることができるという自信というか、安心というか、そういうものに繋がって、少し心穏やかになりました。

怪我のインコその後

今日ニュースを見たら、週末は30℃を超えるなんて言っていて、ちょっと気が遠くなった私です。朝一のソフトの練習に、セーターにコートを重ねて着て原付で行き、それでも凍えそうになって行ったのが割と最近に思えるんですが、時の経つのは早いもんですね。今週は長袖のアンダーシャツなんか着ていたら熱中症になりそうです。半袖を探しておかないと。

で、今日から不在時はインコのために冷房をかけるようにしました。インコは寒いより暑い方がまだ対応できるようだし、まだごくごく軽くかけるだけでいいとは思うんですが、快適に元気に過ごしてもらわないと困りますからね。

そう、動物を飼うとねー、エサ代や病院だけじゃなくて、こういった電気代とかもかかってくるので、これから動物を飼う人は、予想だにしなかったお金や手間がかかってきてしまうということは頭に入れておいた方が良いかもしれないです。

インコというと、先日喧嘩して怪我をしてしまった子の傷も癒え、傷を噛まないようにエリザベスカラーをしていたのですが、それも無事に取れ、今は元気に暮らしています。ただ、この件があったので、お医者さんの勧めもあり、一緒に暮らさせるのは諦めて、別のケージに住んでもらうことにしました。確かにその方が、体重管理なんかもしやすいんですよね。餌を別々にやることができるから。

ということで、我が家のケージがまた増えて、ケージだらけの家になってきましたが、賑やかな感じがして悪くない感じです。これからもずっと元気に楽しく過ごしていってもらいたいものです。そのためにも、気候はもうちょっとマイルドになってもらいたい…

20年ぶりに訪れた中華料理店にて

この前、連休中だったかな、ちょっと大きな買い物(高額というわけではなくて、買う物の容積が大きい)をするために、車を借りました。カーシェアリングですね。そこでついでに昼食もと思って良いところを探したのですが、そういえば、今の家は東京に最初に出てきたときに住んでいた場所から割と近いわけですから、そのときに行っていた店に行こう!ということにしました。

東京に出て最初に住んだのは会社の寮だったんですけど、住んでから1年ほどで、都の都市計画で取り壊されてしまったんですよね。で、この寮は月曜から土曜までは賄い付きだったんですが、日曜は賄いがないので、どこかに食べに行かないといけない。ということで、よく近くの中華料理店に行っていたんです。

調べてみると、寮が取り壊されてから20年にもなりますが、元気に営業中と言うことだったので、喜び勇んで行ってきました。駅からは遠く、家から歩いて行くのもちょっときつい、原付だと自分一人しか行けない、ということで、車で出かけられる、しかも近場に出かけるこの日は妻を連れて行く絶好の機会だったんです。

近所のパーキングに車を停め、ワクワクしながら中に。ああ、全く変わってないよー!おじちゃんもおばちゃんも変わってないよー!メニューも値段も変わってないよ-!妻は初めて入るお店なので感慨も何もあるわけないのですが、私だけ一人で感激していました。食べるのはもちろん当時よく食べてたメニュー。正直、ずば抜けて美味しいものでもないですけど、久しぶりの感激が相まって最高の食事になりました。

そのお店は、愛想の良いおばちゃんと、ちょっと神経質そうなおじちゃん(息子?)が二人で切り盛りしているお店なんですが、帰り際に、20年ぶりに来たこと、近所の寮に住んでいたことを話すと、二人ともとても嬉しそうな笑顔を見せてくれました。特におじちゃんの100万ドルの笑顔は本当に嬉しかったです。

さっきも書いたように、交通の便が良くないし、駐車場もないので、なかなか頻繁には通えないでしょうが、また行きたくなりました。おしゃれな店では全くありませんが、またそれが良いんです。人の温かみを感じて、幸せな気分になった昼食でした。