無頓着な松のショートエッセイ

いろんなことに無頓着な著者が、なんとなく思ったことをエッセイ風に書き連ねる雑記ブログです。何か感じるところがあったりしたら嬉しいですが、気軽に読んでもらったらと思います。


にほんブログ村 鳥ブログへ にほんブログ村 鳥ブログ セキセイインコへ にほんブログ村 写真ブログへ にほんブログ村 写真ブログ 今日撮った写真へ にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 40代サラリーマンへ ブログランキング・にほんブログ村へ

【写真】公園巡り

昨日はちょっとは休日らしいことをと思って、公園巡りをしてきました。緑は癒やされますね。今回はそこで撮ってきた写真をいくつか紹介したいと思います。

晴れとまではいきませんでしたが、雨が降らないでいてくれて助かりました。曇り空はそれはそれで良い味を出してくれますよね。

国分寺 殿ヶ谷戸庭園

f:id:matsuzhi:20190716132840j:plain

f:id:matsuzhi:20190716132847j:plain

f:id:matsuzhi:20190716132850j:plain

f:id:matsuzhi:20190716132857j:plain

f:id:matsuzhi:20190716132918j:plain

f:id:matsuzhi:20190716132921j:plain

f:id:matsuzhi:20190716132925j:plain

f:id:matsuzhi:20190716132929j:plain

f:id:matsuzhi:20190716132934j:plain

f:id:matsuzhi:20190716133000j:plain

f:id:matsuzhi:20190716133021j:plain

f:id:matsuzhi:20190716133039j:plain

f:id:matsuzhi:20190716133048j:plain

f:id:matsuzhi:20190716133055j:plain

f:id:matsuzhi:20190716133108j:plain

 

吉祥寺 井の頭公園

f:id:matsuzhi:20190716133245j:plain

f:id:matsuzhi:20190716133238j:plain

f:id:matsuzhi:20190716133138j:plain

f:id:matsuzhi:20190716133147j:plain

f:id:matsuzhi:20190716133154j:plain

f:id:matsuzhi:20190716133202j:plain

f:id:matsuzhi:20190716133205j:plain

f:id:matsuzhi:20190716133211j:plain

f:id:matsuzhi:20190716133213j:plain

 

 

4ヶ月ぶりに禁酒を解いてビールを飲んだ!手応えは?

昨日、4ヶ月続いた禁酒を解きました。というのも、来週の土曜に職場のパーティーがあって、そこでお酒を飲むことになりそうだということで、その場は飲み放題なので、そんな場に放り込まれて飲みすぎてひっくり返る前に、今の酒耐性はどんなもんか、どれくらい飲んだらどうなるのか、確かめてみたかったんです。

広告

 

スーパーで買い物するついでにビールを2本買います。2本も飲めるかなと不安になりながら。あ、もちろん、経済的なことを考えて、第三のビールです。もともと一生飲まないと決めたわけではないので、何も悪びれる必要はないのですが、なんか悪いことをしているような気分になりました。

そして帰宅し、邂逅です。その時に感じたことを買いていきます。

もう味も忘れていたと思ったんですが、一口飲んだら、実家に帰省した時に夕食前に飲んだときの味がしました。味はどこで飲んでも一緒なのかもしれませんが、なぜか、目の前に浮かんだ光景は実家の茶の間でした。そして、刺身こんにゃくかなんかで飲んでいるときの味。なんか不思議な味でした。

酔い

500ml缶半分飲んだくらいからちょっとフラフラしてきましたね。流石に弱くなっているみたいでした。テンション的には、一人で飲んでましたから、ぱっと見はそんなに変わることもなかったですが、普段なら滅多にしないTwitterへの投稿とかして、今回は無難な内容だったからいいものの、ストレスが溜まってる時なんかは、ネガティブなことや喧嘩を売るようなことを書いたりしないように気をつけないといけないと思いました。あと、酔った勢いというわけではないですが、実家の親に電話しました。久しぶりに親と話せてよかったですが、電話魔になるのも身に覚えがあるので気をつけないと。

体調

とりあえず2本飲んだ時点では、頭痛や吐き気といったものはありませんでした。ただ、最近は、寝てから夜中に来るんですよねー。なんとも言い難い気持ち悪さと、ひどい鬱病にでもなったかのような気分の落ち込み。これは昨夜も多少ですがありました。飲酒を止めたのは、これが嫌だったからというのが一番の理由だったので、これがある限り、一回禁酒を解いても、その後また積極的に飲むようにはならないだろうな、またどんどん飲みたいなとは思えないな、と思いました。

と、4ヶ月ぶりにお酒を飲んだ感想としてはこんな感じでした。来週のパーティーは昼間なので、なんとか日が暮れる前に酔いを覚まして、夜は気持ちよく眠れるようにしたいところ。また、飲み放題とはいえ時間が決まっているので、ゆっくり飲むなどして、酔うにしてもマイルドな感じでいけたらなと思います。

ちなみに今日は特に二日酔いもなく元気に過ごしています。それが何よりでした。

海の日特集〜海水浴より思い出に残っていること

明日は海の日ですね。実は何の祭日だったかは忘れてしまっていたのですが、一応休みだということは知っていました。現金なものです。特に海の日って割と新しい祭日ですよね。それだったら余計に覚えられないのも仕方ない所でしょう。

広告

 


ということで海についてなんですが、実家は山の中だったし、あんまり海って行ったことがないんですよね。子供の頃は、親戚のおじさんが連れて行ってくれたことがありましたが、正直なところあまり覚えていない。覚えているのは、ヒトデがいっぱいいて、たくさん捕まえて持って帰ったんですが、思い出すと可哀想なことをしたと本当に思います。飼うわけでも食べるわけでもないのに(そもそもどっちも無理)。


あとは小学生の時に臨海学校的なものに行った記憶がかすかにがあるのですが、海の思い出というとそれくらいで、中高になっても、海に行った覚えはありません。


海で一番思い出に残っているのは、大学に入ってすぐ、生まれて初めての合コンというものに行った時のことです。私が住んでいた寮の同じフロアの仲間で、某短大のやっぱり1年生と遊ぶということになって、楽しく飲み会、カラオケ、行ってきました。そこで2組ほどカップルができ(私ではない)、それは目出度かったのですが、まあそれはどうでもいい。思い出に残っているのは、その合コンで終電を逃した我々男性陣が(女性陣は徒歩なり自転車なりで帰った)、みんなで駅の近くの海辺で、なんとなくおしゃべりして始発を待った、そのなんというか青春感みたいなものです。


女性陣もいなくなり、酔いも覚めてきて、ちょっと静かなテンションになってきた中、入学してまだそんなに経ってなくて、お互いのこともまだ知らないことが多い中、いろいろ語れたのはたのしかったです。実際に何を語ったのかは覚えていないですけど、あのポツポツ喋る感じ、そして海の潮の香りが、なんかこれからの未知の大学生活に対するワクワクとあいまって、なんかとても心に残るものになりました。もう26年前の話になりますが、まだ覚えている光景、そして匂いです。


一方、海水浴というのは、大学の部活の合宿で行ったことがありますが、人生の中でも数えるくらいしか行ったことがなく、特に社会人になってからは全く行ったことがな…あ、スキューバダイビングは海水浴に含まれるのでしょうか。だったら行ったことあります。あれも楽しかったな。お金や時間の余裕があればまた行きたいですけどね。せっかくライセンス取ったし。

競馬予想メモ(7/14)

函館記念

函館記念って、古くはクラフトマンシップやエリモハリアーなど、やっぱり函館巧者から探すことになると思います。上記2頭ほどではないものの、函館では他と比べて成績のいいナイトオブナイツを有力と見ます。

ワイド

14-1, 2, 4, 10, 16

2000円ずつ

体調不良でランニングの間隔が開いた。再開にあたり。

実はここのところ体調が良くなく、ランニングを控えていました。今日は具合も良くなって、天気もまあ持ちそうなので、一週間ぶりに走ろうと思います。ただ、一週間も開くとなんか怖いんですよね。前に走ってたくらい走れるのかって。これまで順調に時間を伸ばして(距離じゃなくて時間で管理しています)きて、さらにまた時間を伸ばすのかって。めっちゃきついんじゃないのかって。

広告

 


かと言って、それで逃げていたら、二度と始めることができない。そこで、今日は時間を伸ばさず、むしろ縮めて一回走ってみて、感触を取り戻すことにしました。ランニング効果としては減少してしまいますが、このまま止めてしまうよりはよっぽどいいでしょう。毎回1分ずつ時間を伸ばすというのは基本的なルールにしてやってきましたが、もっと大事な「続ける」ということのためには、柔軟な運用も必要でしょう。「三歩進んで二歩下がる」とも言いますしね。


ランニングに限らず、仕事や私生活でも、「決めたことを守る」ということは大事ですが、「何のためにその決め事ができたのか」というのを考えてみる必要があります。そして、その目的よりも大事なことのためには、敢えてその決め事を破るとというか、例外的な行動をとるいうことも必要になることもあるかと思います。企業なんかでも、コンプライアンスのためには、多少利益を削るようなこともやるとか。ちょっと違うかな。


あと思ったのは、何か取り組みを始めて続けていっても、そんなに順風満帆にばかりいくわけではないということ。今回のランニングについても、ちょっと体調を崩しただけでこれだけ考えなきゃいけなくなっちゃうわけだから、ハプニング的なことなんていくらでもあるでしょう。そういうときに右往左往しないで、まず続けることを第一に、冷静に対処していくことが大事だなということです。ガンガンやらなきゃという理想と、そうも言っていられない現実との落とし所を見つけるというか。


とりあえずランニングについては、今日は走っているうちに物足りなくなって、結局たくさん走るなんてことになるかもしれませんが、それならそれでもオッケーで、まずはちょっとだけ走ってみるつもりで行ってきます。とにかく「オッケー」の事象を増やすことが、まず行動するためには大事だと思っています。少しになるかたくさんになるか分かりませんが、とにかく走ったらきっと気持ちいいはず。その爽快感を楽しみに、行ってきます。
 

自分用の日記を見返してみた。7月12日は体調が乱高下する日らしい。

このブログとは別に、自分用の日記をEvernoteで書いています。最初の日記は2014年で、入院してたときに始めたようです。最初の頃は、何か思いついたときに一言だけ書いて、それを一日分マージするというやり方をしてて、まあ日記と言うより、言ってみればその日の自分向けツイートをまとめたもの、みたいな感じでした。

広告

 

その後ちょっと書かない時期があったのですが、2016年に再開しています。それから今までずっと、ちょっとでも書き続けています。日付が変わる12時に、テンプレートが書かれたノートを作成するようにしているので、一応毎日続いています。

でもなんか最近は何時に起きた、通勤電車が遅れないで良かった(ちなみに今日は遅れた)、仕事でこれとこれをやった、夕食はこれを作った、(走ったときは)どれだけ走った、と言った、ワンパターンな日記になっているのがちょっと残念なところです。もうちょっと、思ったこととか事細かに書いたら、後から見ても面白いものになるんですけどね。

だからこそ、何かを思ったときにすぐ書くようにしないといけないですね。先にも書きましたが、Everenoteを使って書いているので、出先で会ってもスマホで書けるわけですから、思いついたときにさっと書けばいい。ただ最近は「日記に書く」という習慣がすっかり抜け落ちていて、せっかくのチャンスを逃してしまっていたりします。まあ誰に見せるわけでもない日記なので、努力して良いものを仕上げる必要もないのですが、せっかく書くなら、やっぱりあとで見返してみて面白かったり懐かしかったりするほうがいいですもんねえ。

ということで、何の得になるわけでもないですが、ちょっと日記の方にも神経を傾けてみたいな、と思いました。

ちなみに、過去の7月12日の日記を見返してみたところ、見事に体調のことしか書かれていない。2017年は体調が良くて、2016年と2018年は体調が悪かったみたい。しかし、過去の7月12日の日記を見て、その内容について、書ける範囲でこのブログで紹介して懐かしむという目論見は、見事に外れてしまいました。だってそれしか書いてないんだもん。2016年なんかは毎日結構書いていたのに、この日に限ってこれ。残念。

Evernoteで日記を書くのは、スマホで撮った写真を載せたりとか、または、スマホでこんなことをしたとか書くときにスクリーンショットを載せたりとかが簡単にできるので便利です。それ用のアプリなんかもありますので、日記書こうと思っている方は一度試してみてはいかがでしょうか。

飲食店をやらない理由を、一応真面目に語る

3年前くらいからかな、妻の仕事が忙しくなって、代わりに夕食を作るようになりました。それまでろくにやったことなかったので、最初はかなりおっかなびっくりでしたが、最近では流石に慣れてきて、だいぶん手際も良くなったと思います。妻も美味しいと言ってくれています(本心かどうかは分かりませんが 笑)

広告

 

で、結構承認欲求が強い私は、作った料理の写真をSNSに投稿したりブログに載せたりしているのですが(ブログはこちら )、おかげさまで結構な評価をいただいています。飲食店やったらいいのになんて言う人もいますし、ノリでしょうが空き物件情報をくれた友人もいました。
 
でもね、それはないっすよ。確かに、地域の人を喜ばせる仕事です。また、妻からだけですが、美味しいと言われたら嬉しいし、作って良かったと思います。でも、やろうと思ったら問題山積ですよ。実際の料理以外にも、いろいろ認可とか、何をどれだけ仕入れるとかの判断はどうするのか、分からないことが多すぎるし、飲食店で働けばそこらへんのヒントは手に入るかもしれませんが、多分給料的にやっていけなくなるし。
 
また、立ち仕事への不安も大いにあります。これまでプログラミングとか、デスクワークしかやったことないですから。一回小遣い稼ぎにとバイトでやったらえらい疲れて、これを毎日やるのはとても無理と思いましたもんね。その時より今は歳を取っているわけで、これから立ち仕事に順応するというのはかなり大変だろうというのは容易に予想できます。
 
あと、決定的なのは、私の舌が肥えてないこと。ブログタイトルにもあるように、無頓着な私は、なんでも美味しい美味しいと食べてしまうので、全然こだわりの味とかにならないんですよね。だから舌の肥えたお客さんに対応できないし、毎回同じ味のものを提供できる保証もない。これは致命傷ですよね。
 
まあ、これらのことも絶対に克服不可能な問題というわけではないです。これから体を鍛えることもできるでしょうし、私の舌についても、どこかで修行するなりしたら改善する可能性もあるでしょう。でもね、そこまで頑張ってまでやりたいという強い意志というのは持ってないんですよ。
 
確かに、料理は嫌いじゃないです。テキパキやっている自分は結構好きです。でも、結局は必要だからやっているのが大前提なので、数多の困難を乗り越えて、料理で生きていきたい、までは思えないです。これから腕を上げていくうちにどうなっていくか分かりませんが、今はそんな感じです。
 
しかし、何をするにしても困難はつきもの。いつまでも現状のままで安定してればいいけど、そうもいかない可能性が高いので、なんらかの変化を起こして、そのための困難を乗り越えるということはこれから必要になってくるかもしれません。そのためのエネルギーを持てるものを見つけなきゃね。
 
ここのところずっと気力が枯渇気味で、焦りばっかり出てメンタル的にも良くない状況なので、体調ともよく相談しながらなのですが、将来のことは考えなきゃいけないですね。