無頓着な松のショートエッセイ

いろんなことに無頓着な著者が、なんとなく思ったことをエッセイ風に書き連ねる雑記ブログです。何か感じるところがあったりしたら嬉しいですが、気軽に読んでもらったらと思います。


にほんブログ村 鳥ブログへ にほんブログ村 鳥ブログ セキセイインコへ にほんブログ村 写真ブログへ にほんブログ村 写真ブログ 今日撮った写真へ にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 40代サラリーマンへ ブログランキング・にほんブログ村へ

脳内旅行で幸せ

ここ東京は、この数日の間に急に寒くなってきて、一転して冬の様相。しかも今日は冷たい雨が降っていて、気分まで寒々しくなってきます。まあ11月も下旬ですし、立冬も過ぎてるわけですから、寒くてもなんの不思議もないんですけどね、でもその移り変わりがあまりに急で、体調を壊してしまったという人も多いんじゃないかと思います。


そう、11月下旬ということで、いろいろありました2019年もあと1ヶ月と少しになりました。昨日雑談をしていてお正月の過ごし方の話になり、改めて思い知らされました。そうだ、もうすぐ今年も終わりだって。


で、お正月の過ごし方ですが、実家に帰るのはお金がかかりすぎるし、貯めたマイルはこないだ使ってしまったし、ちょっと無理かと。もちろん海外旅行とか長い旅行も無理。なので、基本は家にいることになると思うんですが、今度の正月休みは9連休になるとのことで、そんなに長い間家でじっとしているのもちょっと無理がある。ただでさえ家でじっとしてるのが苦手なので、ちょっと過ごし方を考えなければと、軽く危機感を持っていたりするところでございます。


そこで歳を越すかどうかは置いておいて温泉で一泊か二泊かするのもいいなとか、例年通り富士山近辺で動物触れ合いツアーにするかとか、どっかで初日の出を拝むのもいいな、山は大変そうだから海かなとか、いろいろ考えます。それだけで脳内旅行になり、楽しい気分になって幸せです。ただ、場所によっては早めに予約とかしとかないとダメなので、幸せ〜だけでいつまでも済ませてるわけにはいきませんけどね。

ググレカスとは言うけれど

今日の夕食はたらこスパゲティにしようと決めているんです。これなら、スパゲティもたらこソースも家にあるので、1円もお金を使うことなく食べられます。しかし、それだけだと味気ないというのもあるし、栄養的にも足りないので、プラスアルファで何か作ろうと思っています。


そこで、周りの人に、何を作ろうか、何を加えようか相談してみたのですが、いろいろなアイディアが出てきて楽しいですね。スパゲティにシーフードを混ぜる、タンパク質を摂るために豆腐をつける、で、イタリアンっぽくするために、塩とチーズとオリーブオイルで食べる、大豆でミネストローネのようなものを作る、などなど、どれも美味しそうで、それはそれで迷ってしまう結果になりました。全部作っちゃったら食べきれないですしね。


で、こちらからも、ご飯のお供として、キャベツと塩昆布の和え物を提案したりして、実のある情報交換ができ、大変満足しています。料理を趣味と言えるか微妙なところもありますが、趣味に関する情報交換というのは楽しいものですね。ネット掲示板やSNSが流行るのもさもありなんという感じです。


ただ調べるだけじゃなくて、人とコミュニケーションを取りながら情報収集をしていると、欲しい情報が得られるだけじゃなく、話しているうちに自分でいいアイディアが浮かんできたりしやすいように思います。それだけ頭使ってるんでしょうね。相手に依存しっぱなしだと、ググレカスと言われちゃうかもですが、ググるだけじゃなくて、人との良質な情報のやり取りというのはやっぱり有用だと思います。

朝活をやってみる?

昨日はなんかやる気がなくて、風呂に入るのも面倒だったので、風呂にも入らずに寝てしまい、今朝早起きしてシャワーを浴びて出勤しました。朝洗い立ての体で出かけるというのもなかなか気持ちがいいもんだななんて思いました。

広告

 

もちろん体が綺麗になるのもいいことなんですが、早起きして何かをするというのはなんか得した気分になりますね。まあ入浴は睡眠のためにも大事な部分がありますから基本的には夜にするとしても、早起きして何か朝活のようなものができたらいいなーなんて思ったりしました。

自宅も職場も都心じゃないので、多くのメンバーが集まって何かをするというようなものは、通える範囲ではなかなか見つからないと思うのですが、自分でできるようなこと、勉強だったり、運動だったり。ランニングを朝やるというのは妙案だとは思うんですが、今のところそこまで早くは起きられてませんし、病み上がりで、平日は体力をちょっと温存しときたいというのがあり、これはしかるべき時が来たら、と言うことになろうかと思います。

勉強だったら何やろうかな。ずっと中途半端になっている気象予報士の勉強とか、英語とか?来月から異動になるので、異動先の業務関連のことを勉強するというのもありですね。経験的に(と言っても受験生の時の経験ですが)、朝一というのは頭がクリアで能率が上がると分かっているので、これはいいかもしれません。

と、ここまで書いていて考えついたのですが、朝一から坐禅を組むというのもいいかもしれません。今日だって早く起きたと言ってもせいぜい30分くらい。それだったら、あれしようこれしようと欲張らずに、ただ30分坐って、心を整えてから一日を始めると。時間的にもちょうどいい感じだし、決まった時間坐っているということで、時間が延びて慌てるということもないので、朝活としては合ってますね。

まあでも今日はたまたま起きられたけど、明日以降も起きられるかは分かりません。ちゃんと起きてるときに決めた事でも、寝起きの時は簡単に覆りますからね。なのでどれだけ実践できるかは未知数ですが、まずは肩肘張らずにやってみたいと思います。毎日を静かな心で丁寧に暮らせますように。日々是好日。

インターナショナルな話題

最近は(昔から?)日本でも外国人を見かけることは多々あります。日本語を話せない外国人の人と、英語を話せる日本人の人が、英語でコミュニケーションを取っているのも、もう珍しくない光景です。しかし私はこないだ初めて見ました。外国人と日本人が流ちょうな「ドイツ語」で話しているのを。

もちろんドイツ語だってメジャーな言語ですし、話せる人もいるのは分かるんですが、実際に、しかも日本人がドイツ語で会話しているのを直接見るのは生まれて初めてだと思います。やっぱり話せる人は話せるんだなあと妙に感心しました。

翻って、大学時代に必修科目で英語があったんですが、第二外国語として、別の言語の単位も取らなければなりませんでした。第二外国語としては、ドイツ語、フランス語、スペイン語、中国語があったんですが、同じ学科の人間がみんなドイツ語を選ぶというので、てっきりウチの学科はドイツ語を選ばなければならないのかと思い、私もドイツ語を選択したという覚えがあります。

そんなことで履修することになったドイツ語ですが、先生がユーモアあって面白くて、とても楽しく学べた事を覚えています。楽しく学べた事は覚えていますが、肝心のドイツ語についてはほとんど覚えていないんですけどね…しかし、こないだ交わされていた会話がドイツ語であるということが分かっただけでも、ドイツ語を履修した成果とも言えるのかな。いや、誰でも分かるか。

語学と言いますと、そのほかにも独学でオランダ語やフィリピン語(タガログ語)を勉強しようとしたことがあります。本を買ったり、Googleの力を借りて単語を調べたりして簡単な文を書き、Interpalsに投稿して褒めてもらったり直してもらったりとかしていました。今でも「マガンダン・ガビ」とか覚えています。

最近はなかなかそういう気力もないんですが、またそういったインターナショナルな人付き合いもできるようになるといいなと思っています。簡単なところでは、また、ネイティブから習うカフェでも英語レッスンを再開するとか。

ポスター描きは苦手

12月に人権週間というのがあるらしく、昨日仕事帰りの電車に、小学生の書いた人権ポスターというものがありました。そういえば自分も小中学生の時に事あるごとに描かされました。人権とか、交通安全とか、いじめはイカンとか。


もともと絵は得意ではないのですが、この手のポスターは特に嫌いでした。嫌いというか苦手と言ったほうがいいのかな。なのに、無理矢理描かされるから嫌いになると。まあ、いざ描いてみたら意外と面白くて好きになった、という人もいるでしょうから、有無を言わさず描かせるというのも一概に悪いとは言えないですけどね。


で、なんで苦手なのかと考えてみたんですが、オリジナルが求められるからだと思うんです。写生とか模写とか、描く対象があって、それをよく見て描くのはそこまで苦にはならないのですが、ポスターだと、まずどんな絵にするか、デザインから始めなきゃいけない。そう、デザインです。デザインが壊滅的に苦手なんです。


これは仕事とかでも同様で、あるものを改良するとかは得意なんですが、無から有を作るというか、例えば新製品を考えるとか、新しい物のアイディアを出すとかいうのが苦手です。それは自分でも自覚しているので、社会人二年目の時に、ふとした気づきを発展させて、上司にも認められ、最終的には特許も取れたときは嬉しかったですね。まあこれも全く新規のイノベーションじゃなくて、既存技術の改良といえばまあそうなんですけど。


あまりに嬉しいもんだから、今でもたまに特許庁のホームページから意味なく自分の名前を検索して、ニヤニヤしたりしています。ははは。

カチンとくるエラーメッセージ

昨日携帯をいじっておりまして、あるアプリを使っていたら、ちゃんと動かない。どうやらデータのやりとりができていないようです。それで、電波なりアンテナなりが悪いのかなと思って別のアプリを使ってみると、これはちゃんと受信できてる。つまりは、そのアプリのサーバなりなんなりが一時的に通信できない状態になっていたようなのです。

広告

 

それなのに、「受信環境が悪いんじゃないの」的な、こっちに非があるかのようなエラーメッセージが出てるので、ちょっとカチンときたわけでございます。

一応プログラマの端くれとして、エラーメッセージが重要だということはそれなりに分かっています。どういうエラーで、どういう対処が必要かと言ったことがはっきり分かるエラーメッセージが良いわけです。しかしそれだけじゃなくて、ユーザーを不快にさせないということも大事なんだろうなと改めて思ったわけです。

昔のWindowsで、「不正な処理を行ったため云々」と言ったエラーメッセージに憤った方も、それなりの年齢の方の中には多くおられると思いますが、ホント、特に売り物のソフトに関しては、エラーメッセージは慎重に作らないといけないわけですね。

今私が仕事で作っているソフトは、基本的に自分用なので、どこのエラーかが分かることだけ考えたらいいので、その点では非常に楽ですね。

そういえば、エラーメッセージじゃないですけど、あえて煽るようなメッセージを出すソフトも見たことあります。大学生の時に使っていたタイピング練習ソフトで、指定された文字列を打つスピードが遅いと、「のろまなタイプですね、足で打っているのですか?」と言われます。ここまで言われたら苦笑いするしかなく、黙ってさらに練習に励むしかなかったです。

都民の森(東京都檜原村)に行ってきました

先週の土曜日になりますが、車を借りて東京都檜原村の都民の森というところに行ってきました。これ、大きな公園かと思っていたんですが、結構ガチな山だったんですね。登山届入れとかあるし。

広告

 

急に思い立って向かったんですが、自宅からだと車で2時間くらいかかりました。そのうち半分くらいはグニャグニャの山道で、自転車も多く、ちょっと気を遣いました。そして、ようやく着いたと思ったら駐車場は満車。もうちょっと上に臨時駐車場があって、無事入場することができました。

今回は野鳥の写真を撮れたらいいなと思っていたんですが、結果から言うと一枚も撮れませんでした。でも、綺麗にな山の写真がたくさん撮れたのでまあいいかなと。目の前に一羽来たことがあったんですけどね、望遠レンズだったのでピントが合いませんでした。

しかし、一番初心者向けのルートで、それも途中で引き返してきたんですが、それでも聞こえてくるのは風の音、風で木の葉がこすれる音、川のせせらぎ、たまに鳥の鳴き声くらいのもので、本当に心落ち着く空間でした。のびのび歩きながら自然と静けさを満喫して、本当に楽しいひとときになりました。

また何度も行きたいし、今度行く時は健脚を鍛えてもっと長く散策したいところではありますが、なんせ行くまでが大変ですからねー。でもなんとかやりくりするに値する、自分への投資と言えますからね。そんな頻繁には無理でも、常にレジャー候補には入れておきたいなと思いました。

撮った写真をいくつか載せます。

f:id:matsuzhi:20191111143456j:plain

f:id:matsuzhi:20191111143506j:plain

f:id:matsuzhi:20191111143518j:plain

f:id:matsuzhi:20191111143528j:plain

f:id:matsuzhi:20191111143536j:plain

f:id:matsuzhi:20191111143541j:plain

f:id:matsuzhi:20191111143547j:plain

f:id:matsuzhi:20191111143552j:plain

f:id:matsuzhi:20191111143558j:plain

f:id:matsuzhi:20191111143604j:plain

f:id:matsuzhi:20191111143616j:plain

f:id:matsuzhi:20191111143626j:plain

f:id:matsuzhi:20191111143638j:plain