無頓着な松のショートエッセイ

いろんなことに無頓着な著者が、なんとなく思ったことをエッセイ風に書き連ねる雑記ブログです。何か感じるところがあったりしたら嬉しいですが、気軽に読んでもらったらと思います。


にほんブログ村 鳥ブログへ にほんブログ村 鳥ブログ セキセイインコへ にほんブログ村 写真ブログへ にほんブログ村 写真ブログ 今日撮った写真へ にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 40代サラリーマンへ ブログランキング・にほんブログ村へ

どこに行くか分からない旅の旅程が決まりました。

以前、JALのマイルで安く飛行機に乗れるサービスを紹介しました。安く乗れる代わりに、行先を自分で決められないというやつです。

www.matsuessay.net

 

広告

 

このたびマイルが10000マイル以上貯まったので、意気揚々とこのサービスに申し込みました。日程は2月の3連休です。さてどこに行くことになるのか。

f:id:matsuzhi:20190121122234j:plain

なんかマイルが偶然にもゾロ目ですけど、とにかく必要な6000マイルは貯まりました。

f:id:matsuzhi:20190121122305j:plain

JALのサービス「どこかにマイル」のページに移動します。ここで、出発地と日程、人数を入力します。

f:id:matsuzhi:20190121122422j:plain

2月9日の朝に出発したかったんですが、該当便がないと言われてしまいました。空席をなんとか埋めるためのサービスでしょうから、空きがないと候補にならないんでしょうね。

で、出発時間帯をいろいろ変えてみると、4カ所の候補地が表示されます。

f:id:matsuzhi:20190121122413j:plain

今回は、小松、高松、岡山、秋田が出ました。秋田以外は行ったことがあるところですが、どこも随分前に行ったっきりなので、また行ってみたいところです。

さあ、この4箇所の中から行先が決まります。どこになるかは分かりません。ドキドキしながら申し込みます。

f:id:matsuzhi:20190121122820j:plain

申し込み完了です。行先はここですぐには決まらなくて、後日連絡が来るそうです。

そして待つこと1日。予定より早く行先決定のメールが届きました。ドキドキしながらメール記載のリンクを踏んでみると…

f:id:matsuzhi:20190121123208j:plain

行先は秋田に決定しました!

行先候補の中で唯一行ったことのない秋田(寝台列車で通過したことはある)。やったあ!この冬に行くんだから、ここ東京では味わえない寒さや雪を味わえるというのも嬉しいところです。早速秋田の宿も予約しました。ああ、楽しみだー!

ということで、2月の3連休は秋田にお邪魔します。短い時間ではありますが楽しんできたいと思います。秋田のみんな、2月9日は僕と握手!

しかし、実際の旅行も楽しみですが、行先が決まるまでは本当にワクワクドキドキしました。マイルが結構あるという方、あてもなく旅に出たい方、このサービスおすすめです。

今ちょっとだけ気になっていることなど

昨日は飲み会、今日は朝ソフトボールの練習で出かけ、帰ってきてからは一日のんびりです。なかなか家で家事以外の活動をする気にならないのですが、最近はかなり家でも活動的なので、たまにこんなオフがあるのもいいのかもしれません。で、明日仕事に行って頑張れば、あさってが目の手術で休暇、しあさっても午前午後と受診になってるので仕事行けない。この状況で明日どれだけやる気が出るのか不安なところです。

広告

 

ということで、目の手術が明後日に迫ってきたのですが、術後すぐはやっぱり目はあまり使わない方がいいのかな。手術した方の目は眼帯してるから特に関係ないのかな。でもそのときは片目で見るようになるから、かえって手術してない方の目に負担がかかって良くないのかな。ということで、もしかしたら画面はあまり見ないようにするかもしれないので、ブログとかも書けないかもしれません。楽しみにしてくださっている方いらっしゃったら申し訳ありません。

気になっていること、とか書いてみましたが、せいぜいこれくらいのことしかないという、平穏な休日を送っております。まあやるべきことというか、やっておいた方がいいこともないわけではないのですが、休養に徹する日というのも必要です。今日はそういう日にしましょう。そして、連休に挟まれた出勤日の明日をなんとなく過ごしてしまわないために、しっかり英気を養うことにします。

受験勉強の秘訣

今日から大学入試センター試験だそうで、ニュースで言っていたので初めて知りました。そういえばそういう時期ですね。受験生の皆さんはついに本番ですね。これまでの努力の見せ場と思って前向きに頑張ってください。
 

広告

 

私は某地方国立大学出身なので、二十何年か前になりますがセンター試験受けました。私の頃は共通一次じゃなくてすでにセンター試験になっていました。それなりに若いんです。で、受けたんですけどね、自己採点結果が信じられないくらい良かったんです。あれはびっくりした。
 
英語なんて、いつも200点満点で80点くらいしか取れなくて、数学と理科でカバーというのが常だったのに、本番だけ170点近く取れちゃって。まぐれもまぐれ、マークシートならではのラッキーとしか言いようがないのですが、確かにそれなりに手応えもあったんですよね。
 
というのも、直前に勉強の進め方を変えて、その結果が身になってきていたからだと思います。Twitterでだれかが書いていたのを見たことがありますが、全然分からないというときは、分かるところまで戻ってやり直すしかない。そう思って、流石にABCからとまではいかなくても、英語が苦手な高校一年生向けの参考書とかでやり直したんですね。で、その後も基本に絞って取り組んだんです。
 
難関大ならいざ知らず、センター試験くらいだったら、基本をしっかりしておけばそれなりに得点できるものですから、その方針がうまくハマった、そしてマークシート運にも恵まれた、というところだと思っています。
 
なので、勉強で詰まっている人は、分かるところまで戻ってみることをお勧めしています。例えば、今世間を賑わせている三角関数にしても、その意味も知らずに加法定理とかの公式だけ覚えても使えないわけで、やっぱり基礎の理解、土台をしっかりさせておくことが、遠回りのようで近道になると思うんです。
 
と、アドバイスしてみたわけですが、今日が試験当日だというのに、今ごろ言うなって感じですね…失礼しました(^_^;)

両目が開く日

今日は午前半休をもらって眼科に行ってきましたよ。というのも以前左目の白内障ということで手術をしたのですが、今度は右目もひどくなって、結局右目も手術することになったからです。今日は手術前の最終診察、内容や当日の流れの確認といったところです。

 

広告

 

左目を手術したときは右目はほとんど問題なく、でも一応白内障にはなっているということで「いずれは右目も手術しないといけなくなるかもねー」という感じで言われていたのですが、こんなに急に悪化するとは思ってなかったのでびっくりでした。

でも、この手術でやっと両目がしっかり見えるようになると思うと結構楽しみです。とはいえ、お金の関係で単焦点レンズを入れるので(左も入れている)、遠くか近くかどちらかが見えにくくなるのが固定化します。私の場合は遠視になって、老眼鏡が必要になります。でないと仕事で書類とか論文とか読めないですからね。

あとこれまで困っていたのが遠近感。要するに今はほぼ片方の目だけで見て入る状態だったのが、手術によって両目で見ることができるようになるため、遠近感がしっかりするようになります。これでソフトボールのバッティングも向上するといいけど。違和感バリバリだったもんなー。

ということで、手術は22日なのですが、ポジティブにその日を待っています。一回やった手術だから、そんなに大ごとではないと分かっているのが大きいですね。文字通り視界が開ける日を楽しみにしています。

ただ一つ心配なのは、手術後一週間は保護メガネで過ごすこと。保護メガネは単なる保護メガネなので、度が入っていない。つまり、今使っているメガネを外して保護メガネにすると、やっぱり手元が見えないんじゃないか、そうすると仕事はどうなるんだ、という心配があります。またスマホで写真撮って拡大して見るなんてことをしないといけないのか?仕事中だけでも通常のメガネで過ごせないものか、あるいは両目で見ることができるようになるとそれなりに手元も見えるようになるものなのか、ちょっとそこが不安です。

でもまあなんとかなるだろう。パソコン上の資料なら大体拡大もできますしね。紙ベースのものは、できるだけ後回しにして一週間しのぎ切りたいと思います。手術後の両目の開いた私にご期待ください。

やる気なしの脱出方法

今日の仕事は一本のメールを見ることから始まりました。

急遽打ち合わせをしたいとのメール。打ち合わせで、自分にもタスクが振り分けられ、それに取り組んでいたのですが、いざ取りかかってみたらまあ大変。これまでの仕事と折り合いをつけながらアタフタしながら取り組みました。

広告

 

それまではやっぱりやる気が出ないなあとか思っていたんですが、いざ仕事が降りかかってきたらそれどころではないわけで、結局、明確な仕事が降ってくると、やる気があろうがなかろうがチャッチャとやっていくわけで、というかやっていかざるを得ないわけで、こんなんでどうしようというような不安は吹っ飛んで行ってくれました。

ここでポイントなのは、明確な仕事というところで、やっぱり仕事を割り振るにしても、やること、責任範囲、アウトプットをはっきりとさせといたおかげで、余計なことを考えずに、やる気が出なくてもちゃんとできて、その後のやる気につながるんだよななんてことを考えました。

一段落したのでブログ書きましたが、まだまだこれから。また仕事に戻って頑張りまーす。

 

ブロトピ:ブログ更新しました♪

ブログ初心者にブログ初心者がカッコいいことを言ってみようとする

今週のお題「ブログ初心者に贈る言葉」

ということですが…

自分だって初心者の域を出てないというか…

ブログで金を稼ぐとかならともかく、好きに書いてるブログに初心者も何もないんじゃないかなと思ったり思わなかったり。

 

広告

 

一応私も広告を入れたりもしているけど、まあ見栄みたいなもんで、実際収入なんて1円もないし、ノウハウなんて何も持っていないので、言えることといえば、あんまり肩肘張らずに好きに書こう、とか月並みなことくらいになっちゃいますね。

ただ、どういう目的で書くにせよ、いろんな記事があるに超したことはないと思うので、たくさん記事を書くためには、という観点で言うと、やっぱり肩肘張らずにというのは結構大事だと思います。

やっぱり書くまでの(特に心理的な)ハードルというのは極力低い方がいいわけで、そのためにはあんまりいい記事というのを求めないで、まずは気楽に書き始めてみるというのがいいのかなと思います。書き始めないと何も始まらないからね。

まずは1文字打つことから。千里の文字も一歩から。なんかいいこといった気分になって、今日のブログを締めようと思います。

成人式とカラオケ

昨日は成人の日でした。今年の新成人は全国で125万人だそうで、おめでとうございます。と言っても、自分が成人式を迎えたときは、おめでとうと言われてもあまりピンと来ず、同窓会くらいにしかとらえていなかったため、今の新成人も「おめでとう」とか言われても感慨なんかないんじゃないかという思いもありますが、時代は変わってるわけだから、今の若者は特別な意味を見出しているのかもしれない、なんてまたよく分からないことをゴチャゴチャ考えたりしています。

 

広告

 

私の故郷の成人式は、真夏にありました。お盆の頃ですね。若者の大半が地元を出ているため、帰省して出席しやすくなるようにとの配慮です。以前このことを会社の同僚に話したらたいそう珍しがられ、成人式の時期に発行された社内報で「真夏の成人式」という原稿を書く羽目になりました。でもどうなんですかね、お盆やお正月に成人式をやる自治体って結構あったように記憶してるんですが、今はないのかな。ウチの故郷は今はどうなってるのかな。

個人的な成人式の思い出と言ったら真夏にあったことと、高校時代にいつも聴いていたラジオのパーソナリティの人が講演に来たことくらいかな。これは偶然だっただけに嬉しかった。あとは式が終わったあと、仲が良かったグループで市内までカラオケに行ったという、まあごくごくありふれた成人式の過ごし方をしました。別にそんな特別なことをしなきゃならんわけでもなし、楽しかったのでよし。

当時はまだ通信カラオケとかなくて(少なくとも私の行動範囲内には)、1曲ごとにお金を入れる方式が主流で、たまに「歌い放題」という店舗があったというように記憶しています。今では当たり前の、いちいち機械にお金をいれなくてもいいというやつです。成人式に寄せて、カラオケボックスの記憶が蘇ってきたので、カラオケの話題として今回は締めさせていただきます。浜省とか歌うと嫌がられるんだよな、1曲が長いから(苦笑)