無頓着な松のショートエッセイ

いろんなことに無頓着な著者が、なんとなく思ったことをエッセイ風に書き連ねる雑記ブログです。何か感じるところがあったりしたら嬉しいですが、気軽に読んでもらったらと思います。


にほんブログ村 鳥ブログへ にほんブログ村 鳥ブログ セキセイインコへ にほんブログ村 写真ブログへ にほんブログ村 写真ブログ 今日撮った写真へ にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 40代サラリーマンへ ブログランキング・にほんブログ村へ

夏休みは泳いだ記憶ばっかり

先日人に言われて気づいたんですが、学生はもう夏休みなんですね。このことについてコメントを求められたら、大多数の大人と同様に、「うらやましい」しか出てこないわけですが、まあ自分も一度は通った道ですからね。存分に楽しんでいただけたらいいかと思います。


私の過去の夏休みですが、小学生のときは毎日近所の川で泳いでいました。ホント毎日といってもいいくらい。今と違って娯楽がなかったからかもしれません。とにかく、義務見たいな勢いで川に行っていました。たまに町営プールが物珍しくて行ってみたりするんですが、遠いし、お金かかるし、一回行けばしばらくいいやって感じで、とにかくメインフィールドは川でした。


ウチのところよりもちょっと上流に、いい感じで深い流域があり、いつもそこで泳いでいました。学校は遊泳禁止ゾーンにしていましたが、おかまいなしでした。ただ、今は護岸工事の影響か、気候変動?の影響か、すっかり浅くなってしまい、泳ぐことすらできなくなってしまい、まあ自分がこれから泳ぐことはないとはいえ、少し寂しかったりします。


夏休みの夏休みらしい思い出というのは、その小学生の時の川が一番ですね。中学生の時は部活部活、高校生の時は補講補講で、あまり休みだー!という感じではなかったので。それに、小中学生の時の夏休みには宿題がつきもので、8月31日には宿題に追われるという様式美が世間ではありますが、私は結構毎日コツコツこなしていくタイプだったので、終盤に慌てるということもなかったですし。


大学になったら、夏休みは帰省です。なんと言っても、寮には暖房はあっても冷房はない。特に大学2年の時は寮の外壁工事をやっていて、暑さに加えて塗料の匂いまであって、速攻で寮を脱出し実家に帰りました。まあ実家で何をやるというわけでもないんですけど、たまに地元の友達と遊ぶのは楽しかったですね。夜中に自販機まで車で行って、星空の下でおしゃべりするとか。職務質問されかけたこともありますが(笑)


あとは、お盆になったら普段会うことがない親戚一同に会えるのも楽しみだったかな。今でも親戚とは仲がいいですが、特にトラブルもなく仲良くやってこられてるというのは、極めて幸運なことかもしれませんね。また、地元を離れていて、濃密な付き合いがないということも大きいでしょう。


と、私の夏休みについて思い出をたどってみましたが、さすがに20年以上前のことですから、よく覚えていないというのが正直なところです。それでも、川で泳いだことは、ハッキリ印象に残ってるんですから、本当に相当泳いだんでしょうね(^_^;)

酒を飲んで体調不良を気にするようじゃあ、まだまだ青い

前から言っていたように、昨日は飲み会があって、久しぶりにしっかり飲みました。実はちょっとした手違いで、飲み会自体には遅れて行ってしまい、すぐにお開きとなったので、あまり飲めなかったんですが、その後一人二次会として家の近くで飲んで、家でもちょっと飲んで。


こんなに飲むのは本当に久しぶりだったんですが、全然しっかりしていることができて、帰ってから夕食を美味しく作ることもできて、まあ上々の感じで乗り切ったと言っていいでしょう。ただ、やっぱり夜中に目が覚めて、憂鬱な気分にはなりました。これがある限り、恒常的に飲もうとはやっぱり思わない、この苦しさを忘れた頃にまた飲みたくなる、そういう感じになると思います。まあ、これにより、たまに飲む機会があった時は思いっきり楽しむ、それ以外のときは飲まない、というメリハリに繋がって、結果的にいい感じになるんじゃないでしょうか。


夜中は辛かったですが、一夜明けて今日は特に二日酔いとかなく、安心しました。今日はバンドの練習の日だったので、危惧していたんですが。そう、お酒を飲まなくなった理由の一つとして、翌日が辛いということが挙げられます。二日酔いで気分が悪い!というほど飲むことはなくなっていたんですが、異常に眠かったり、頭がぼーっとしたり、体がすごくだるかったり、つまりは、寝てないときと同じような体調になってしまうんです。これで仕事に行くのは辛すぎました。幸い今日はそういうこともなく元気ですが。休日だからしっかり寝ることができたということでしょうか。


でも、二日酔いだったり、前日飲みすぎて体調が悪かったりした時に、なんとか一日過ごし終えて、体調も幾分持ち直して、もちろんその日は飲まず、ゆっくり風呂に入ってリラックスして、さあ寝るぞと布団に潜り込んだ時の気持ち良さは最高なんだよなー。スポーツの後とかでもまあいいんですけど、やっぱり疲労感や、一足早い筋肉痛がどうしても出ます。飲んだ翌日だとそれがないですから、本当に気持ちいいだけなんです。まあ、そのためだけに深酒して翌日辛い思いをするというのはナンセンスですけどね…


と、あれこれ言ってきましたが、これだけゴチャゴチャ言うのも、飲むならたくさん飲んで酔っ払いたい、と思っているからなんですよね。ちょっと嗜むように飲んで、スパッと終わらせることができたら、そんな体調不良とか気にしなくていいはず。そういう楽しみ方が分からない私はまだまだ青いってことです。

車椅子で電車に乗ると、やっぱり肩身の狭い思いをするケースがありますね。

先日、車椅子の人の電車乗車について、こんな事を書きました。場所や席を譲る側も譲られる側も、自然に、フランクに振る舞えればいいね、という趣旨です。

www.matsuessay.net

しかしこないだちょっと辛い場面がありました。私が乗車した時間帯は、いつもはそんなに混んでないのですが、その日はダイヤ乱れの影響でかなり混雑。私が乗車した次の駅で車椅子の人が乗ってきたのですが、専用スペースもなく、混雑していたので、どうにか入り口のところに押し込んで出発。

そしたら、私が降りる駅で、その車椅子の人がいる側の出口が開いて、車椅子が思いっきり出口を塞ぐ状態に。私を含め降りる人結構いたので、なかなか降りられずちょっとした混乱になりました。普通だったら出口付近の人は一旦降りて道を開けるところですが、車椅子なので降りられない。その時は車椅子の横のわずかな隙間を通ってみんななんとか降りられたのですが、その間の車椅子の人の申し訳なさそうな表情が忘れられません。そりゃあ、気まずいですよね。どうしようもないこととはいえ、自分が塞いじゃってるんですから。

その時は隙間がなんとかあったし、誰も責める感じではなかったのですが、人によっては心無い言葉を投げる輩もいるかもしれません。混雑している電車に乗るとこんな思いをするんだとなると、電車に乗る事への心理的障壁はまた高くなり、健常者の車椅子を見る目は厳しくなり、冒頭で私が言ったこととは反対の方向に流れてしまうことになるんでしょう。

しかし降りる側としてはストレスがあったのは事実。こういう時って誰がどうすればよかったんでしょうか。とりあえず私の立場としては、結果的に降りられたんだから、降りる時のストレスはさっさと忘れるというのが、現時点で私のできるベストだったと思います。そう、済んだことは気にしないというのは結構重要だと思うのです。

もちろん、システム的に改善できる点は積極的に改善していく必要はあると思いますが、その場に居合わせた当事者としては、結果的に問題なかったんだからそれでいいじゃんという考えがもうちょっとあっていいのかなと思います。特に他人に対してなんらかの感情を持つ時って、もっと大らかになれないのかなと思う時があります。

と、脱線しましたが、車椅子の人が気楽に電車でどこにでも行けるようになるためにはどうしたらいいんでしょうね。いろいろなケースで問題が発生するので、難しいところですよね。

健康診断を自信満々で迎える。その他検査の思い出

明日は会社の健康診断があります。健康診断というと、毎回毎回肥満はもちろん、肝機能とか尿酸値とか高血圧とかを結構重く指摘されて、やれ精密検査だなんだと言われるのですが、今年は高血圧も治療していますし、何と言っても3月中旬からほぼ完全に禁酒を続けているわけで、そこらへんの数値がどれだけ改善しているかどうか楽しみであります。体重やウエストが全然減ってないのは残念ですけど、血液検査の数値はきっと良くなっているはずです。

よく、健康診断の前日だからお酒は控えるなんて言う人がいますが、こちとら4ヶ月飲んでないんですからね。そりゃあ期待しちゃうってもんです。あとは、両目白内障の手術を終えて、視力がどうなっているか。最近やっとレンズがなじんできた気もしてきましたが、やっぱりまだいい数字は出ないんじゃないかなと思います。まあ実生活上では、適宜眼鏡をかけたりして、支障はないようにやってますのでいいんですけどね。

健康診断というと、今回はないですけど、いろいろ大変な検査もありますよね。胃カメラとかバリウムとか。私が最初に所属した会社では、業務時間内に、会社に検診業者がやってきて、部署毎に検査していたため、検査後もバリウム気持ち悪いとか下剤が効かないとかいろいろ言いながら過ごしていました。今思うとあの会社は、妙なところでアットホームだったな。

一方胃カメラの方はさすがに病院じゃないとできないわけで、健康診断で胃カメラを飲んだことはないんですが(一度飲む機会があったけど、血圧が高すぎるから飲めないと言われた)、健康診断以外の、体調が悪いときの検査で飲んだことはあります。

始めて飲んだときは全然抵抗なく飲めて、すごく拍子抜けしたんですが、そのイメージで臨んだ2回目は大変でしたね。あれはやっぱり、飲ませる方も、飲む方も、うまいやり方でやらないと苦しくなっちゃうんでしょうね。多分検査技師の人のやりかたが悪かったというよりも、私が舐めくさっていたのが良くなかったのでしょう。

あと健康診断の思い出というと、あるとき健保?からクーポンをもらったので人間ドックに行き、しっかり検査を受けたのに、豪華な弁当が出なかったことですかね。あれ結構憧れだったのに。家の近所だからというだけで病院を選ぶのではなく、そこら辺下調べしてから病院を選べばよかったですね。あはは。最近では超快適に一泊して至れり尽くせりの一泊コースとかあるんでしょ?お金があれば受けてみたいですよね。今料金を調べてみたら目玉が飛び出ました…

 

 

ライブを見る。今年は機会が多いなあ。

昨日某所でちょっと一休みしようと思って入りますと、先客の高校生がなにやら工作をしていました。じっと除きこんだわけではないのですが、目に入ったのは、アイドルなんかのライブの時に掲げるボード?を頑張って作っているのでした。そんなにジロジロ見るわけにもいかず、ちらっと見ただけでしたが、上手にできていて、気合いを感じました。きっとライブとっても楽しみなんでしょうね。

広告

 

私は音楽ライブも含めて、そういった催し物を見にはあまり行かない(映画にも行かない)し、行ったとしても、特に変わったこともしないのですが、昨日見た高校生の、楽しみな気持ちが伝わってくる雰囲気からすると、そういう楽しみ方もいいなと思ったりもします。

割と直近でライブに出かけたというと(それでも10年前ですが)、横浜スタジアムでのTUBEのライブには何年か連続で行きました。TUBEファン仲間で、ファンクラブに入っている友人がチケットを取ってくれるので、一緒に行かせてもらっていました。その人に彼女ができてからは誘ってくれなくなりましたが、なんちゃって(笑)彼女さんと私も知り合いなんだから遠慮しなくていいのに(笑)

ですが今はファンクラブ会員一人が取れるチケットの枚数が増えたそうで、彼女さんを連れて行ってもまだチケット枚数に余裕があるということだったので、今年は私と妻も一緒に行くことにしました。最近の曲があまり分からないのですが、それでも楽しみです。以前行っていたときはグッズとか全然買わなかったんですが、今回は考えてみてもいいですね。ユニフォームみたいなの着て参加するグループもありますもんね。

と、これが来月の話。で、今日は、弟のステージがあるというので観に行ってきます。弟は音楽ではないのですがやっぱり舞台に立つことがあって、せっかく東京にいるのに一度も見たことがないので、今回思い切って観に行くことにしました。弟は気恥ずかしいと言っていましたが、こっちだって気恥ずかしい。でもまあ一回くらいはね、頑張ってるところを見るのもいいかと思いました。

ステージというと、私が所属しているロックバンドも年内にはライブをやる方向で動いています。人のを見るばっかりじゃなくて、自分で演奏する方も頑張らなきゃ。

善行はひっそり行うもの

妻は気づきがいい人です。ここで言う気づきというのは、服にシミがついてるとか、体に埃がついてるとか、そういったことです。すぐに見つけて指摘してくれるので、外に出て恥をかかずに済み、感謝しています。

広告

 

しかし、私が気になっていた家の床のちょっとした埃とかを掃除機で綺麗にしたとかいうのには全く気づいてくれないのです。それでたまらず掃除機かけた事を告げると、そのときにようやく気づいて感謝してくれるのですが、普段の気づきの良さはどこに行ったのかとおかしくなります。

しかし本当は、妻が気づこうが気づくまいが、家が綺麗になったことだけを喜ぶべきで、感謝してもらおうとか、褒めてもらおうとかいうのは完全に煩悩の類いですよね。まさに無功徳。でもやっぱりちょっと褒められていい気分になりたい気持ちはまだまだ消えません。修行が足りんということですね。

ここで誤解して欲しくないのですが、感謝されたい、褒めてもらいたいと言っていますが、妻が感謝とかしない人であるということでは決してなくて、私の貢献に気づけば感謝してくれます。料理したときとか、食事の後片付けをしたとか、そういうはっきり分かるときですね。だから妻に悪気は全く無く、単に気づいてないだけなのですが、そこで自分から「ほらほら掃除したんだよ」的な事を言っちゃうのが私のダメな所です。

 あとまあもうちょっと言いますと、掃除なんてのは仏教的には修行なわけで、それが評価されるようなもんでもない、また、掃除自体は善行ではあっても、布施の考えから言うと、部屋を綺麗にするという徳を積ませてくれてありがとうとこちらが感謝すべきところで、何か感謝や褒め言葉をもらおうと思う方がやっぱり間違いなんであります。

ということで、別に僧侶になるつもりはなくても、少しでも仏教的な考えに近づきたい自分としてはダメダメな感情を持ってしまっているのですが、ここで気づいて、今自分はこういう段階にあるということを認識しておくことには意味があろうかと思います。なので、自分を責めるんじゃなくて、ただただ今の自分のあるがままをよく見ようというような感じです。

まあそれはそれとして、部屋の埃はずっと地味に気になっていたので、それを綺麗にできて、ついでにいろんな所を綺麗にできたのは、それ自体には大いに満足しています。

【写真】公園巡り

昨日はちょっとは休日らしいことをと思って、公園巡りをしてきました。緑は癒やされますね。今回はそこで撮ってきた写真をいくつか紹介したいと思います。

晴れとまではいきませんでしたが、雨が降らないでいてくれて助かりました。曇り空はそれはそれで良い味を出してくれますよね。

国分寺 殿ヶ谷戸庭園

f:id:matsuzhi:20190716132840j:plain

f:id:matsuzhi:20190716132847j:plain

f:id:matsuzhi:20190716132850j:plain

f:id:matsuzhi:20190716132857j:plain

f:id:matsuzhi:20190716132918j:plain

f:id:matsuzhi:20190716132921j:plain

f:id:matsuzhi:20190716132925j:plain

f:id:matsuzhi:20190716132929j:plain

f:id:matsuzhi:20190716132934j:plain

f:id:matsuzhi:20190716133000j:plain

f:id:matsuzhi:20190716133021j:plain

f:id:matsuzhi:20190716133039j:plain

f:id:matsuzhi:20190716133048j:plain

f:id:matsuzhi:20190716133055j:plain

f:id:matsuzhi:20190716133108j:plain

 

吉祥寺 井の頭公園

f:id:matsuzhi:20190716133245j:plain

f:id:matsuzhi:20190716133238j:plain

f:id:matsuzhi:20190716133138j:plain

f:id:matsuzhi:20190716133147j:plain

f:id:matsuzhi:20190716133154j:plain

f:id:matsuzhi:20190716133202j:plain

f:id:matsuzhi:20190716133205j:plain

f:id:matsuzhi:20190716133211j:plain

f:id:matsuzhi:20190716133213j:plain