無頓着な松のショートエッセイ

いろんなことに無頓着な著者が、なんとなく思ったことをエッセイ風に書き連ねる雑記ブログです。何か感じるところがあったりしたら嬉しいですが、気軽に読んでもらったらと思います。


にほんブログ村 鳥ブログへ にほんブログ村 鳥ブログ セキセイインコへ にほんブログ村 写真ブログへ にほんブログ村 写真ブログ 今日撮った写真へ にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 40代サラリーマンへ ブログランキング・にほんブログ村へ

経験を積んでおく。

昨日仕事で久しぶりにExcel  VBAでプログラムを書きました。いやもう何年ぶりだろうということで、かなり忘れていて、ちょっとしたこともネットで調べながらじゃないと書けないような状態でしたが、だんだん思い出してきて、なんか懐かしい気持ちになりながら楽しく作業していました。

そう、いまの仕事に就くまでは、ExcelとかAccessのVBAと、時にはMicrosoft  SQL Serverと連動させたりして社内システムを作るという仕事を、あちこちで10年近くやっていたのです。なのでVBAはお手の物だったはずなのですが、さすがに3年半のブランクがあると、思い出すのに少し時間がかかってしまいました。参照設定とか完全に忘れていたし。

しかしVBAの知識があったから、というか、VBAでこれは処理できるのではないかと思えたから、Excelのデータ処理を今回スムーズに速くできたわけで、過去のプログラム経験は、細かい文法とかを完璧に覚えてなくても、そんなのは調べながらで良くて、経験しているというだけでもアドバンテージになりうるんだなと今回思いました。

でもこれはプログラミングだけじゃなくて、あらゆる仕事、いや、仕事にとどまらず、人生における経験について当てはまると言っていいでしょう。その経験が多く、その分いろいろなことを的確にできる、だからこそ年長者は尊敬されるはずなんですが、なかなかそう注文通りにはいかないもんで…自分の経験から的確に判断しようとすることは大事ですが、自分の経験の範囲内でしかモノが見られなくなるとちょっと困ったことになったりもしますね。

話がそれました。なんにしてもいろんな経験をしておくということは良いことなので、仕事についてもいろいろなことにチャレンジして行こうと思ったりもするんですが、なかなか怖気付いてしまう自分もいて、結局やらなきゃいけない最低限のことだけこなしてお茶を濁していたりします。時間はあるんですけどね。そういや昔はいろいろ趣味でプログラム作ったりしてたなー。PHPとかJavaとかASP.NETとか。またなんかネタを考えて趣味の範囲でやってみるのもいいかもですね。趣味だったら変なプレッシャーもないですしね。

 

あらゆる条件が揃った結果

前の記事で書いた九州豪雨、その被害を九州に留めず全国に影響をもたらしていますが、私の実家はおかげさまで被害もなく現在は小康状態を保っているようです。そんな中、ここ東京でも豪雨とは言えないまでもどんよりした日が続き、心も暗くなってきている昨今でございましたが、今日は久しぶりに晴れて、これ幸いと日光浴を楽しんでいるところでございます。


こないだはかかりつけの病院に行こうと思ったのですが、原付がパンクしてて乗れないので、バスで行ったんですよ。雨は降ってなかったので傘を持って行かなかったら、バスを降りた途端にドシャーッ!って降り出して、これは後で触れますが足が痛くて走れなかったのでもうびしょびしょ。そしてようやく這々の体で病院に着いたら即刻で止みやがった!ひどい!


で、なんで走れなかったのかというと、痛風になったからです。実は5月くらいから足の親指の付け根がちょっと痛かったんですよ。でも、ちょっとだったから、痛風と思わずに放置していたんですね。もし痛風だったらこんな軽い痛みで済むはずはないって。歩けるどころか走ることもできていたし。しかし、ここ数日で痛みがどんどん増してきて、とても走ることなんかできなくなってしまった、ということです。今も痛いです。でも大分ピークは過ぎたかな。今は指の付け根の痛みはかなりなくなって、代わりにかかとが痛くなってきています。なのでまだ楽観できない状態なのであります。あ、ちなみに病院に行って薬は処方してもらっています。


結局、バイクがパンクしていたこと、朝雨が降っておらず、傘を持って行かなかったこと、乗るバスの選択(つまりは降りる時刻の選択)、痛風でゆっくり歩くことしかできなかったこと、いろんな条件が揃った結果のこのびしょ濡れ事件でございました。よくもまあ全ての条件が揃ったもんだと感心すらしてしまいます。そんなわけ、久しぶりに「寒い」という感覚を味わった日でありましたが、幸い風邪をひくこともなく(痛風の影響で熱は出ましたが)、今日は元気に日光浴です。安静にしている分にはもう特に痛みはないので、天気のいい休日、嫌な事は忘れてのんびりしたいと思います。

またまた九州で豪雨

今年も九州で大雨が降り、実家が九州の山奥である私は、もはや毎年の恒例行事となっている、実家への安否確認の電話を昨日したところです。3年前の九州北部豪雨の時はもうちょっとのほほんとしていた母ですが、今回は不安のようです。歳をとって気が弱くなったのかななんて言っていましたが、私に言わせればこれまでが危機意識がなさすぎたような。


今私はテレワークで自宅で働いているので、仕事しながらもテレビで状況を見ることができていたんですが、テレビで橋下徹さんが、救出や復興は当然やるが限界がある、これからは人々を安全な所に住まわせる政策が必要というようなことを言っていて、俺たちみたいな田舎者は、故郷を捨てなきゃいけないのかと正直反感も持ちましたが、確かにこう毎年毎年危険に晒されていては、それも考えなきゃいけないかもしれないとも思います。


やっぱり安全が一番だし、いくら家に愛着があっても、家が流されてしまえば終わりだし。とはいえ地元への愛着は私ですら人一倍あるし、生まれた時から七十年あまり、人生のほとんどを実家で過ごした母なんかはもっともっとでしょう。父は認知症で、いろんな欲求とかが失われているようですが、家を離れる(老人ホームに行く)のははっきり嫌だと言うそうです。


そんな両親に、いくら危険だと言っても今の家を離れて別な所に住めと言えるのか。まあ言えなくはないとしてもまともに耳を貸してもらえるか、家もずっと被害を受けないかもしれないし、そもそも負担の多い引っ越しという選択肢が、残り少ない両親の人生に本当にいいのか(それは終わってみないと分からないことですが)、引っ越すとしてどこに引っ越すか、私のいる東京まで呼ぶのか、呼んでも東京なんかだと来るとも思えないないろいろ考えてしまいました。


しかし一体なんなんでしょうね。ここ数年の大雨は。私たちがまだ地元にいた頃はこんなことなかったですよ!ホント勘弁して欲しいです。まあ大雨がなくても、親の面倒云々の問題は、常々考えてはいますけどね(答えは出ずにズルズル来ていますが)。

今年も半年過ぎた。

随分ご無沙汰している間に2020年も7月に入り、今年も半分が過ぎました。正直、あっという間です。こんなにも早いとは思いもしませんでした。今年の年末年始は、大晦日に東京の御嶽山に登り、年明けは青梅の宿で迎えるという、これまでにないものでした。あれからもう半年も経つなんて。


しかしこの半年は激動でした。年が明けてしばらくして、精神的に結構きた時期があって、朝も起きられないし仕事もかなり休みがちになってしまい、方々に心配、迷惑をかけてしまってました。そしてコロナ。ちょうど流行り出した頃に熱を出してしまい、そしたらしばらく出勤を控えるよう言われて、精神状態的には良かったような、そんなこともありました。


そして、さらにコロナの流行が激しくなり、そうしたら自宅待機を経てテレワークに。このテレワークが結構性に合っていたらしく、今は元気に仕事を進めています。ただ、朝起きるのはやっぱりできなくて(決して夜中まで起きてるわけじゃないのに)、テレワークの時期が終わってまた出勤するようになったらどうなるか、それが怖いですね。まあ、今の情勢ですと当分なさそうですけれども。


コロナは当然私生活にも大きな影響を及ぼし、大好きだった岡江久美子さんや、志村けんさんなどが命を落とされました。私の周りでは、ソフトボールはグランドが使えなくなったから活動できなくなり、緊急事態宣言発令中は、居酒屋なんかも8時までしか営業できなくなったためとても物足りない気持ちで帰ったり、闇営業の情報が出回ったり。幸いお酒を飲むお店は、私が満足する程度までは営業できるようになりましたし、グランドもぼちぼち使えるようになりそうですが、都内の新規感染者は増える一方だし一体どうなるのか。


とまあ、とにかく早かったけれどもコロナ抜きには語れないこの半年という感じになりましたね。本当ならもうすぐオリンピックだー!ってなっていたはずですしね。オリンピックは来年できるんですかねえ。世界中で収まってないとダメですからねえ。自分の周りでは悲観的な見方が強いですが、なんとか開催できるようになってほしいです。やっぱりなんかこういう時代ですから、明るい話題が欲しいっすよ。うん。

何ヶ月ぶりだー!

昨日の日曜日、久しぶりにソフトボールの練習をしました。何ヶ月ぶりになるでしょうか。ソフトボールでしたら、キャッチボールするにしても、バッティングするにしても、比較的ソーシャルディスタンスが確保しやすいので、やりやすかったですね。バッティングの時はキャッチャーをつけなかったですし。


ただ、人が捕球したボールを投げて他の人がまた捕球したり、他の人が使ったバットをまた別の人が使ったりするわけでそこらへんのリスクはあります。一回使うたびに消毒とかしてないですからね。


それにしても楽しかった。これまで写真を撮ってはきましたが、いちばんの趣味が一切できない状況でしたので、それが久しぶりにできたのはとても嬉しかったし、割と体も動いてバッティングも守備もまずまずできたのも満足でした。


あとはやっぱり人とのつながりですね。みんなで声かけあって煽りあって、休憩時にはプロ野球の話とかいろんな話をして、ホント、気のおけない仲間と楽しい時間を過ごせたというのが、一番よかったと思いますね。


だんだんコロナによる生活への制限が緩んでいく中で、こういう笑顔の機会も増えていくことでしょう。なので、なんとしても大きな第二波は防ぎたいところ。また自粛とかなったら悲しすぎますからね。レジャーとか酒の席とかいろいろ楽しむにしても、しっかり備えをした上で楽しみましょう。お店の方も大変かとは思いますが、十分な対処をよろしくお願いします。

夜更かしと睡眠

最近夜更かしをすることが多くなって、それに伴って昼に眠くなることが多くなり、いかんなーと思っています。夜更かしの原因は一つじゃありませんが、大きな原因の一つが、夜に動画を見るようになっていること。YouTubeとかBuzzVideoとかで、一つ一つの動画は長くないんですが、次々見ちゃいます。


どんな動画を見るかというと、それはその日その日でまちまちなのですが、所謂YouTuberの動画というのを見ることはなくて、音楽とか、スポーツの名場面とか、あるいはお笑いとか、昔懐かしいCMなんかを見る時もありますし、時には、悪いことをした奴が結局最後にひどい目に遭ったなんて話を喜んで見たりすることもあります。このときの自分って一体どんな顔をしてるんでしょうね。醜い顔をしてそうだな。


それでも一つ一つの動画は長くないので、夜更かしするということは沢山の動画を見ているということになるんですがいるということになります。ある動画を見ている時に表示される関連動画が、またそのときの気分にピッタリ合うんですよね。やっぱりAIの推薦機能は賢いですよね。そんな訳で、次々と動画を見続けては、世が更けていく、ということになるわけです。


しかしこの、止められない流れって、Webがポピュラーになってきたときの個人サイトのリンクに似てるなーと。当時も、個人サイトにリンクのコーナーがあって、やっぱりリンクを辿って辿って、こんなサイトがあるこんなサイトがあるって喜んで閲覧してはあっという間に夜中になってるなんてことがやっぱりありましたもん。歴史は繰り返すじゃないですけど、なんか図らずも似たような流れになっていて面白いなーと思いました。


そしてある日、睡眠負債が溜まりに溜まった私は、仕事を終えて夜7時過ぎに寝て、そのまま朝9時過ぎまで寝ていたということになりました。仕事がなければもっと寝ていたと思います。実はテレワークの間にちょっとウトウトしていた時間もあったので、どんだけ寝たんだという感じです。そしてそれでも取れない眠気とは。


この経験を踏まえて、ここ数日は動画試聴は控えて、わりと早めに寝るようにしているのですが、それでも朝起きられない。テレワークだからなんとか間に合う時間には起きられてるけど、出勤するようになると、遅刻しないように起きられるかなー、不安だなー。

ああ、また太る…

昨日は知人のスマホの機種変更とか引っ越しに伴うネットワーク設定の店頭依頼とかに付き合っていました。携帯の機種変更につきましては、データを移行するという作業が発生してやたら時間がかかり、3時過ぎに行ったのに終わったのは9時過ぎでした。疲れました。


それでお腹も空いたので、どこかで食事をとなったんですが、私が選んだのは、駅前の多国籍料理っぽいお店。とってもいい雰囲気で、知人も気に入ったみたいでした。で、お酒と料理が出てきたんですが、これもとても美味しく、大満足でした。私はパスタを注文したんですが、もちもちスパゲティでした。知人の頼んだカレーもとても美味しそうでした。


しかし、しかししかし、いかんせん量が少ない…


基本的にはお酒とつまみを提供するお店なんでしょうね…お酒の種類はめちゃくちゃあったもんな…ここに食事に来るのは、かなりお金がふんだんにある時で、一品じゃなくて何品も頼める時じゃないと厳しいな、と思わざるを得ませんでした。ただ、お手頃のおつまみなんかはふんだんにあるので、酒を飲みに来るには適している、という感じかな。


そんなことを話しながら店を出て、でも美味しかったよねなんて言って別れ、帰っている途中に、なんとなく満腹中枢が刺激されてきて、なんか十分食べたような気分になってきました。食事量というのは実はあれくらいでいいのかもしれません。本当は、帰りにコンビニで追加の何かを買って帰って食べようと思っていたのですが、それもいらないかな?なんて思い始めてきました。


でも流石に腹一杯とはならないわけで、ちょっと腹が心許ない感じで、どうしようかとっても迷った結果、結局コンビニに寄り、追加の酒とつまみを買って帰り、一杯やってから寝ました。ああ、また太る…


ただ、満腹中枢への刺激は食べてからしばらくしてから来るもので、食べてすぐに満腹感が来なくても、しばらく待てば来ることもあるので、慌てて追加しないのが吉ですね。それで腹一杯になって苦しい思いをしたという経験がある方も多いと思います。私なんかしょっちゅうです。お互い気をつけましょう。